【体験レポート】動物と間近に触れあってメロメロ?! 心の癒やしをもとめ、ノースサファリへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

暑い夏ですが、いかがお過ごしですか? 恋人と海に山にデートを満喫していますか? なんと、うらやましいのでしょう。私はといえば、最近始めたポケモンGOもほったらかし、すっかり暑い夏にウダウダ恨み節をぶつけています。

そんな事じゃいけない、とにかく表に出てみれば、何か良いことがあるかもしれない。さて、どこへ行こうかと悩んだ時に、ふと、「最近動物に触れあっていないな……」と思い、動物園に行くことを思い立ち、あの場所の存在を思い出しました。

動物との距離間が魅力のワンダーランド

やってまいりましたのは、札幌市南区にあるノースサファリサッポロ。この動物園が他の動物園と違う最大の特色は、なんといっても動物との距離間。普通の動物園では、柵越しにしか動物を見ることができませんが、この動物園では、危険な動物以外、正に触れあえる距離で、観察、ふれあい、癒やしを求めることができるのです。

DSC_0589

園内は雑然としており、お世辞にも整理された……とは言えないのですが、その手作り感あふれる緩い案配は、まさに、日常をスクエアに生きる私たちになくてはならない大事なポイント。土曜の午後に行ってきたのですが、大変な賑わい、そして溢れかえるカップル……親子連れ……、ここは想定と違うぞ……。

さて、ノースサファリサッポロでは、7月16日(土)~9月25日(日)までの間、期間限定で新エリアがオープンしているということで、到着してすぐさま、きびすを返し、移動用のシャトルバスに乗り込みました。そう、南区の山中にあるこちらでは、あまりにも広い敷地のため、別箇所の展示へバスで向かわないといけません。

恐竜が大集合、ノースサファリアドベンチャー

DSC_0591

シャトルバスの仕組みがよくわからず、最初の到着地で降りると、そこは第二駐車場。別会場へは、もう一個先だったようです……。とはいえ、間違えて降りても、数分まてばすぐバスが来るんですけどね。案内板も説明も無い、このあたりの緩さは甘受する必要があります。なんたって休日ですからね。

バスに揺られること数分、そこからは少しきついアップダウンがあるので、足下がしっかりした靴の方が良いと思います。というより、園内野趣にあふれているので、ハイヒールなどの歩きにくい靴は避け、動きやすい格好で行きましょう。

件の恐竜大集合は、ノースサファリアドベンチャーで行なわれている、「ジュラシックランド」という期間限定エリア。このほか、ノースサファリアドベンチャーでは、水陸両用車でのジャングル探検やセグウェイなど、アクティビティが多数。くれぐれも、そこのご婦人、ハイヒールで行ってはいけません。

人が沢山なので、化石を掘ってみる、一人で。

もう、既に周りからは奇異の目で見られています。それもそのはず、なぜ休日に、男一人でこんな場所へ……という周囲の視線を全力で振り払い、いざライドオンと行きたかったのですが、長蛇の列。ジュラシックランド横の小屋で受付をした後、順番に案内されるのですが、これが尋常では無い待ち時間。かといって、呼び出し放送があるわけではないので、ひたすら待たなくてはいけません。そんなあなたに、ピッタリなのがこちら。

DSC_0593

おもむろにおかれた、ナンバリングの箱。これは臭い飯でもなんでもなく、本物の化石を大発掘と題し、ジュラシックランドの開催期間に併せ、本物の化石を掘り出す体験が行なわれているのです。(別料金要)。

「こんなキッズの砂遊びなんて、三十路前の私には余裕余裕」と、なめてかかったのですが……。

DSC_0594

掘る……。ひたすら掘る……。

DSC_0596

ばばーん! と、写真ではあっという間ですが、この三つを見つけるのに、およそ15分ほどかかりました。いえ、不器用ではあるのですが、これがことのほか見つからない。写真左がアンモナイト、右上のは何かの化石、右下は何かの歯。そう、この何かの歯が全く見つからないのです。上2つを見つけるまでに、5分、残りの一つのために10分ほど費やし、汗もだらだら……。横のちびっ子がプレッシャーをかけてきます。

「おじさん、まだ見つからないの?」

……お兄さんと呼びなさい。

時間帯にもよりますが、30分ぐらいは待つ覚悟が必要なので、到着したら早めにこちらへ向かった方が良いと思います。さぁ、いざ呼び出されカートに乗り込み、アドベンチャーへ出発。

DSC_0597

この感じがニクいですね。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

【体験レポート】動物と間近に触れあってメロメロ?! 心の癒やしをもとめ、ノースサファリへの関連記事

ピックアップ記事

  1. 6月に全国ツアーを行い、北海道に帰ってきたばかりの藤井蛍さんにインタビューさせていただきました! …
  2. 函館港まつり 昭和10年からの歴史を数える、函館最大級のイベント「函館港まつり」は、8月1日(火)…
  3. DO IT NOW THE LAMINAZ 04 による2nd Single …
  4. Freaky Styley、キタオン4度目の登場です! 今回はボーカルの宮城さんお一人にインタ…
  5. 2017年6月10日(土)札幌で「ヒッピーズ寄席スペシャル さっぽろ落語全集第一…
  6. Last Warning / Living Dead Freaky Style…
  7. ボードゲームに勝利して、ドイツを目指せ! 2017年5月28日(日)に「カタン」日本選手権の北海道予…

最近の記事

キタオンについて

キタオンは徹底して、「北海道」にこだわった、ローカルメディアサイトです。北海道の音楽シーンから、観光、ビジネス、物産の紹介など、幅広く情報を扱っていますが、1つだけ言えるのは、あくまで北海道にこだわった情報です。

北海道内からご覧の皆様、ぜひ、地域情報の再発見をしてみてください。今まで知らなかった面白いことが沢山見つかるはずです。

北海道外からご覧の皆様、ぜひ、北海道発の様々なものに興味を持って、そして試していただければと思います。

ほっかいDOバザール新着商品

  • No items.
  • ページ上部へ戻る