【North Music Diffusion】 藤井 蛍

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

6月に全国ツアーを行い、北海道に帰ってきたばかりの藤井蛍さんにインタビューさせていただきました!

 

 

まず、全国ツアーお疲れ様でした!

 

― ありがとうございます!

 

 

ソロでは初めての全国ツアーということで、初めて行く場所もあったと思います。その土地での違いなど、感じたことはありましたか?

 

― もちろん。その行った先々での違いが一個ずつあって、面白かったですね。

 

 

ツアーの中で印象に残っているライブはありますか?

 

― やっぱり沖縄ですね。沖縄の中でも離島でライブをやったんだけど…島の人たちはもちろん、観光客の方も来ていて、普通のライブハウスでやる感じとは全く違う雰囲気のライブだったなと思いますね。

 

 

藤井さんはシンガーソングライターとして活動して約1年経つということですが、まだまだ藤井さんの事を知らない方も居ると思います。どのような曲を歌っているのか、教えていただけますか?

 

― 俺は割と、「ポジティブな応援歌」が多い気がしますね。何かに対する批判みたいなのもたまに歌うけど、だから頑張っていこうよって感じの事ばっかり歌っている感じかな。

 

 

ソロ活動を始める前はずっとバンドでギタリストとして活動されていた藤井さんですが、バンドではなくソロで活動しようと思ったのはどうしてですか?

 

― これは明確な理由がありまして。俺は人前で演奏することが好きで、バンドだと3人とか4人とかで時間を合わせて活動しなくちゃならない。それをやるとやっぱり人前で演奏する回数とか、時間とかが制限されてしまうから…ここは気楽にソロで行こうって思ってソロ活動を始めたのが大きい所かな。

 

 

藤井蛍

 

 

 

作曲はどのように行っていますか?

 

― 作曲はコードとかメロディーとかが浮かんでから歌詞を作っていく方が多いかな。

 

 

歌詞を作成するにあたって、こだわっている部分はありますか?

 

― 出来る限り批判的なことを言わないようにしようというのは心がけていますね。

 

 

あまり暗い気持ちにならないように…って事でしょうか?

 

― そうだね。自分でも暗い気持ちになって歌うのもちょっとどうかなって思って。

 

 

彼の傍らにはいつもギターがあります。

 

 

ライブではどの曲でもお客さん一人ひとりに語りかけているような、そんな印象を受けました。頻繁に路上ライブも行っている藤井さんですが、ライブで心がけていることはありますか?

 

― ライブハウスでのライブは、セットリスト全部で1曲ぐらいの気持ちで考えて、MCも全部含めて1曲としてやっているので…路上とは全く違う感じでやっていますね。出来れば、MCも全部聞いてください。

 

 

現在発売中のCD「朝焼け」ですが、初めての音源なので選曲にもこだわったと思います。どんな曲を選びましたか?

 

― 選曲で一番こだわったのは、ライブと同じようにアルバムを通して1枚で1曲になるような流れで出来たらなっていうのがあって、そういう曲と順番を選びました。あとは時間と予算の兼ね合いで6曲になっちゃったっていうのもあるんだけど。(笑)

 

 

 

 

話は変わりまして10月、ワンマンライブの開催おめでとうございます!

 

― ありがとうございます!

 

ワンマンライブ フライヤー

 

 

2度目のワンマンライブを開催しようと思った理由はなんですか?

 

― 1回目のワンマンライブと理由は同じで、1年に1回ワンマンライブを開催してどれぐらいの人が来てくれるかっていう「チャレンジ」みたいな部分があってやってる感じかな。

 

 

前回のワンマンライブではどれぐらいの方が来場しましたか?

 

― 前回は初めて開催するから席数を40席って決めていて。予約は40人以上してくれたんだけど、当日きてくれたのが37人で…ちょっと惜しかったんですよね(笑) 前回はとにかくソールドアウトさせたくて、それが一つの目標みたいな感じだったんだけど、今回はもっと気楽に席数とか全く決めないで多くの人を呼んで、出来るだけたくさんの人に来てもらいたいなって思います。

 

 

ワンマンライブの開催までにMVを発表するとの事でしたが、どのような作品に仕上がりましたか?

 

― これはですね、明るい感じかな。明るい曲を明るい場所で撮りました。

 

 

 

 

今後の活動において、挑戦していきたい事はありますか?

 

― 今回のツアーで思ったんだけど、全国まだまだ行っていない所がたくさんあるので、どんどん色んな場所に行ってライブをしたいなと思います。

 

 

 

 

キタオンの読者に一言お願いします!

 

― ほぼほぼ毎日どこかで音楽をやっているので、見かけたらぜひぜひ、声をかけてくれたりしたら嬉しいなと思います。

 

 

最後に、藤井さんにとって「音楽」とは?

 

― なんだろう、「すっごい楽しい遊び」かな。楽しくやってます。

 

 

藤井 蛍

 

アコースティックギターと歌のシンプルな構成の一人組バンド。

2016年3月より以前よりずっとやりたいと思ってた弾き語り活動スタート、5月に初LIVEをして6月頃から路上での弾き語りもスタート。

 

HP:http://artist.aremond.net/gtfujii3/

Twitter:@gtfujii

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

【North Music Diffusion】 藤井 蛍の関連記事

ピックアップ記事

  1. 6月に全国ツアーを行い、北海道に帰ってきたばかりの藤井蛍さんにインタビューさせていただきました! …
  2. 函館港まつり 昭和10年からの歴史を数える、函館最大級のイベント「函館港まつり」は、8月1日(火)…
  3. DO IT NOW THE LAMINAZ 04 による2nd Single …
  4. Freaky Styley、キタオン4度目の登場です! 今回はボーカルの宮城さんお一人にインタ…
  5. 2017年6月10日(土)札幌で「ヒッピーズ寄席スペシャル さっぽろ落語全集第一…
  6. Last Warning / Living Dead Freaky Style…
  7. ボードゲームに勝利して、ドイツを目指せ! 2017年5月28日(日)に「カタン」日本選手権の北海道予…

最近の記事

キタオンについて

キタオンは徹底して、「北海道」にこだわった、ローカルメディアサイトです。北海道の音楽シーンから、観光、ビジネス、物産の紹介など、幅広く情報を扱っていますが、1つだけ言えるのは、あくまで北海道にこだわった情報です。

北海道内からご覧の皆様、ぜひ、地域情報の再発見をしてみてください。今まで知らなかった面白いことが沢山見つかるはずです。

北海道外からご覧の皆様、ぜひ、北海道発の様々なものに興味を持って、そして試していただければと思います。

ページ上部へ戻る