【North Music Diffsion】 Freaky Styley 【2】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

あけましておめでとうございます!2017年もキタオンをどうぞよろしくお願い致します!

さて、新年一発目のインタビューは!本日より新メンバー、西村一晟(にしむら いっせい)さんが加入し新体制となったFreaky Styleyのみなさんです!!

 

 

新メンバー西村さんの加入、そして遅ればせながらセカンドシングルのリリースおめでとうございます!

 

全員:ありがとうございます!

 

 

以前インタビューしたのが2016年8月でしたので、約4ヶ月ぶりのインタビューとなります。その間で変わったなと思うことはありますか?

 

渡辺:バンドの活動が活発化した期間だったなと思います。8月、9月ぐらいが結構濃厚なライブが増えてきて…すごい身になった一年だったと思います。

宮城:前回のインタビューの後ぐらいからお客さんがたくさん居る環境でライブをさせていただいたり。最初の予定だった「札幌で知名度を上げる」って所は…もちろんまだまだなんですけど、少しずつ出来ているかな、と思いますね。

 

Vo. 宮城圭一郎

Vo. 宮城圭一郎

 

新メンバー、西村さんが加入した経緯を教えていただけますか?

 

宮城:前のメンバーだった譲が、教会で演奏したりしていてライブとかが土日に出来ないので…そうなると僕らがいずれツアーとかで回る時にライブが出来ないよねっていう話になりまして。だから喧嘩とかでは全然なくて、この話は結成当初からされていたので…このタイミングでお互い違う道でちゃんと頑張ろうってことで、前回のインタビューの後にドラムの譲が抜けたんです。僕がFreaky Styleyを始める前に組んでいたバンドでドラムをやってくれていた元TRASH AUDIOの西村一晟だったんですけど、たまたま譲が抜けた日にTRASH AUDIOが解散するっていう話が出てて。だから僕は譲が抜けた瞬間に一晟に電話して、勧誘して、今に至りますね。(笑)

西村:激プッシュでしたね…

宮城:こんなタイミングあるかと。お互いに。こっちはドラムが抜けて、向こうはバンドが解散して…僕らは他のドラムを探す時間というか、猶予というか、目当てにしていた人も居なかったので。彼(西村)一択って感じでしたね。

 

 

西村さんはFreaky Styleyに誘われた時、どのように感じましたか?

 

西村:それはもう…こっちは色々あって解散して…

全員:(笑)

渡辺:これ以上悩ませんなよってな(笑)

西村:だからビックリもありつつ、なんかこう、嬉しさもありつつ。圭一郎は元々一緒にバンドやってましたし、貢は後輩だったんですけど、まこ(渡辺)も同じ専門学校の同期なんで…誘われた事自体が辛かった時の支えになってました。ただ、ちょっと忙しかったので、「一旦考えさせてくれ」って話を預かって。そこから何日間か一緒に飲んだりとか、話したり、ライブも観に行ったりして…で、2016年はとりあえずサポートとして活動しつつ、2017年になったら加入って感じでしたね。

宮城:誘ったその日に飲みに行かなかったっけ?

全員:(笑)

渡辺:恋人を待つかのようにね(笑) 3人でずっと「まだかな~」っつって(笑)

西村:それで一人ずつから意見を(笑)

渡辺:このバンドに入ったらこんないい事があるよ!って。(笑)

ページ:

1

2 3 4 5
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

【North Music Diffsion】 Freaky Styley 【2】の関連記事

ピックアップ記事

  1. 6月に全国ツアーを行い、北海道に帰ってきたばかりの藤井蛍さんにインタビューさせていただきました! …
  2. 函館港まつり 昭和10年からの歴史を数える、函館最大級のイベント「函館港まつり」は、8月1日(火)…
  3. DO IT NOW THE LAMINAZ 04 による2nd Single …
  4. Freaky Styley、キタオン4度目の登場です! 今回はボーカルの宮城さんお一人にインタ…
  5. 2017年6月10日(土)札幌で「ヒッピーズ寄席スペシャル さっぽろ落語全集第一…
  6. Last Warning / Living Dead Freaky Style…
  7. ボードゲームに勝利して、ドイツを目指せ! 2017年5月28日(日)に「カタン」日本選手権の北海道予…

最近の記事

キタオンについて

キタオンは徹底して、「北海道」にこだわった、ローカルメディアサイトです。北海道の音楽シーンから、観光、ビジネス、物産の紹介など、幅広く情報を扱っていますが、1つだけ言えるのは、あくまで北海道にこだわった情報です。

北海道内からご覧の皆様、ぜひ、地域情報の再発見をしてみてください。今まで知らなかった面白いことが沢山見つかるはずです。

北海道外からご覧の皆様、ぜひ、北海道発の様々なものに興味を持って、そして試していただければと思います。

ページ上部へ戻る