【North Music Diffusion】 Freaky Styley

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

1st single 「Two Man Cell/CHANGE」を発売、そして収録曲の「Two Man Cell」のMVを発表した札幌を中心に活動するバンド、Freaky Styleyの皆さんにインタビュー致しました!

 

Freaky Styley

Freaky Styley

 

Vo. 宮城圭一郎

Gt. 渡辺真

Ba. 藤田貢

Dr. 吉井譲

 

 

ーまず、Freaky Styleyがどのような音楽をやっているバンドなのかを教えてください!

 

宮城:基本的にはミクスチャーロックという事にはしているんですけど…ミクスチャーっていうのはラップをやったりとか、ロックをやったりとかいろんな事を混ぜてやっているって事なんです。でもミクスチャーをやっているというより、やりたい音楽をやっているという感じなので。ラップをやっていたり、エモと呼ばれるような曲をやっていたり、ラウドな曲をやっていたり、いろいろやっております。

 

Vo. 宮城圭一郎

Vo. 宮城圭一郎

ー結成して間もないということですが、皆さんは同じ学校の同期だったりするんですか?

 

渡辺:そうですね。ベースの貢だけは一個下で、他のみんなは同期になります。在学中はそれぞれ別のバンドをやっていたんですけど、卒業して何年か経った時にたまたま機会がありまして。「みんなでやろうか」って集まりました。

 

 

ー皆さんが音楽を始めたきっかけは何でしたか?

 

宮城:僕は中学校の時にASIAN KUNG-FU GENERATIONとかELLEGARDENっていうバンドを聴いて、初めてそこでいわゆる「バンドサウンド」を知って。それをきっかけにギターを始めたのが始まりでしたね。

藤田:中学校の時に…兄が居るんですけど、兄が結構バンド聴いてて。その影響でORANGE RANGEとか、BUMP OF CHICKENとか聴いて「あ、いいな」と思って始めましたね。

吉井:僕は実は、小学三年生ぐらいの時にドラムを始めたんですけど…

宮城:今ドヤってした!(笑)

全員:(笑)

吉井:ドヤっと出来るところはしとこうと思って!(笑) よくチートとか言われるんです…親が音楽教室の先生をやっておりまして。歌とピアノの先生をやっていまして。職場によくドラムとかがあって、母親が仕事してる間にそこでちょっと叩いてますとか。そういう休日の過ごし方をしてたので…それで身に付いた感じですね。

 

Dr. 吉井譲

Dr. 吉井譲

宮城:こいつだけ毛並みが違うんですよ!血統書が付いてる!(笑)

全員:(笑)

渡辺:僕は16ぐらいの時にRed Hot Chili Peppersっていう海外のバンドを聴いて衝撃を受けて。それからギターを…ずっとそのバンドしか聴かずですね…それからしかないですね、僕はもうそれしかないです(笑)

吉井:シンプル(笑)

宮城:珍しいよね。いろんな音楽を多感な時って聴くと思うんですけど、こいつはそれしか聴いてない。(笑)

渡辺:邦楽みんな聴いてる中で「このアルバムがさ…」とか言ってハブられるっていう(笑)

 

Gt. 渡辺真

Gt. 渡辺真

 

ー楽曲も聴かせて頂きました。現代では珍しくガツガツに攻めてる印象を受けました。作曲はどのように行っていますか?

 

宮城:基本的にはギターのまことが骨組みを…要するにギターのリフとかを持ってきて。そこでスタジオでセッションをして、ドラムとベースはほぼお任せで…何かあったら言うぐらいで。僕がその場で歌詞とメロディーを付けて…セッションで作っていく感じですかね。

 

 

ー先日発売されたシングル「Two Man Cell / CHANGE」について詳しく教えてください!

 

宮城:本物出した方が分かりやすいと思うので出しますね!(笑) ジャケットにはこだわりました。紙ジャケで、裏にも何も書かずにシンプルに攻めたという感じです。

 

わざわざCDを持ってきて下さりました…!

わざわざCDを持ってきて下さりました…!

 

ーレコーディングはどのように行いましたか?

 

宮城:レコーディングは苫小牧のエルキューブって所でやりました。先にリズム隊録って、ギター録って、最後に僕が録ったんですけど…リズム隊の時はどんな感じだった?

吉井:そうだね、二人で一緒にやってるから、そんな孤独ではなかった。

藤田:そうですね、孤独ではなかった(笑)

吉井:なんか、「よし、やろうぜ!」的なね、次やるぞ!みたいな感じで行ってましたね(笑) 次に繋いで行くための土台を作り上げる作業なんで…そういう意気込みでしたね。

藤田:その点ギターとかボーカルとか味わったことないから…どうなんだろうか?

 

Ba. 藤田貢

Ba. 藤田貢

吉井:ね!一人って。

渡辺:ギターは…僕は土台聴いた時点で「あ、いけるな」って思ったので。

吉井:恥ずかしい…(笑)

渡辺:ほとんど一発録りに近い感じ。「はい、やりまーす」って言って、弾いて、終わった感じですね。

宮城:ギターソロとか一発だもんね。

渡辺:そうなんですよ。僕、ギターソロ…頑張ってるんです!

全員:(笑)

宮城:ボーカルは個室で録るんですけど、僕のダメな所で、人前で歌うことに慣れてないというか。緊張してしまうんですよね。でもライブってこう、やるしかなくて、逃げられないから。だからいつも歌えるんですけど…レコーディングの時ってみんなが僕の前に座って僕の歌を聴くんですよね。だからすげー緊張しちゃって(笑) 何回もベストが出るまで録り直して。作品自体は120%のモノを出してますけど、これから出していくアルバムはもっともっとカッコ良くなる自信があるので。そういうところで緊張感と戦った感じでしたね…

 

 

ー収録曲の解説をお願いします!

 

M1. Two Man Cell

 

宮城:…いいかな?

全員:いいよいいよ!!!

渡辺:大いに語ってくれよ!(笑)

宮城:Two Man Cellっていう楽曲は、実はこのバンドを組んだときに一番最初に出来てて。1年ぐらい前には出来てたかな…?僕は仕事で岩手県に行ってて、1年半ぐらい音楽から離れていたんです。その時ギターのまことは北海道に居て、それぞれのバンドが解散したり上手く行ってなかったりしてたんですけど… 僕が岩手に行くときに「お前と音楽やれたら楽しかったな」ってことを言われてて。それが自分の中ですごい引っかかってて…僕も音楽を仕事にしたいと思ってたので。いろいろとはしょりますけど、僕はこいつ(渡辺)と組むために北海道に戻ってきたんです。それで二人でやってた期間がどれくらいだ…

渡辺:二人でやってたのは1年ぐらいですね。

宮城:バンドをしたくても出来ない時期は、まだリズム隊の二人を誘うって頭もなかったので…その時に二人でスタジオであーだこーだ言いつつ入ってた時期のことを歌詞にしたりしているんです。だから「Two Man Cell」、二人でひとつっていうタイトルになっています。サビは日本語なんですけど、その時に味わっていた絶望感とかを表していますね。…真面目に言うと。(笑)

全員:(笑)

 

 

M2. CHANGE

 

宮城:この曲は全編英詞の曲です。結構ラウドな感じで。知ってる人はピンとくるかも知れないですけど、Red Hot Chili Peppersを更にラウドにしたような感じです。Rage Against the Machineっていうバンドとかもあるんですけど、ラップ風の重たい音楽を作ってるんです。僕らは人に好かれるような人間ではなくて…特に僕とまことがそうなんですけど(笑)

渡辺:好かれた試しがないっていうね(笑)

宮城:そういうわけで英語で「俺たちは嫌われ者だ」って叫んでるんです。まあ、それでもやっていくぜっていう歌詞で。さっき仰ってくれた「攻めてる」感じ。歌詞でも音楽でも攻めてるような曲ですけど、聴いてる人には気にしないで楽しんでもらえたらなと思います。

 

 

ー「Two Man Cell」のMVはCDのジャケット写真と同じ場所で撮影されてますよね。MVのコンセプトはなんですか?

 

宮城:これは株式会社seveN Swellさんが撮影してくれたんですけど、清田区のStuoomっていうスタジオで撮影しました。その時に意識したのは、なるべく演者を入れずにライブ感を出すということと、ボーカルだけじゃなくてそれぞれのパートにスポットが当たるようにすることですね。後は観てくれた人が何回でも観たくなるような映像、ということをコンセプトにして作りました。

 

Two Man Cell MV

 

ー撮影時のエピソードがあれば教えてください!

 

藤田:とりあえず暑かったですね…

全員:(笑)

渡辺:もうそれしか覚えてない!(笑)…あとなんかあったかな?

全員:ドローン!

渡辺:ドローンね!ドローンを使って撮影したんですけど…初めて飛んでるところを見ました。

宮城:あのちっこいの…ドローンの話になっちゃうんですけど!(笑) ドローンの大きさってだいたい30センチ四方なんですけど、ブーーン!って!プロペラが四つ付いてて上に上がるんですけど、風がすごいんですよね!風がすごいっていうのが…

渡辺:ちょっと涼しかった。(笑)

全員:(笑)

吉井:気温の話になっちゃった(笑)

宮城:僕らまだまだ無名のバンドですけど、お金も持ってないですけど…「こいつらお金持ってるんちゃう?」って見せつけたいっていう(笑) 背伸びをした感じですね。中途半端なものは作りたくなかったので、まだ無名のバンドでもプロに負けないモノが作れるんだってのを目指しました。

 

最初は皆さんとても緊張していましたが、話をしていくうちにリラックスしてきて度々笑いが起こるような楽しい場面もありました。

最初は皆さんとても緊張していましたが、話をしていくうちにリラックスしてきて度々笑いが起こるような楽しい場面もありました。

 

ーFreaky Styleyのライブはまだ拝見したことがありませんが、SNS等ではとにかく「カッコいい」という感想が多かったんです。ライブで注目して欲しいというか、「俺のここを見てくれ!」みたいなポイントはありますか?

 

宮城:これはリズム隊二人が何かあるんじゃない?

藤田:え~…

渡辺:そうだね、リズム隊二人。「踊らせる」とか言ってみなさいよ!!

全員:(笑)

藤田:踊らせる曲いっこもないんだけど!(笑) うーん、「Two Man Cell」のメインリフみたいなのがすごいファンキーなんですよね。そこはすごいカッコいいと思うし、お客さんもノリやすいと思うんです。サビは結構ガーっと行く、ワァーって感じなので…そこでなんぼ程動くかみたいな事に僕の中でなってるんです。(笑)

渡辺:ああ、自分たちがって事?

藤田:そんな感じ。「わかりやすくカッコいい」と思うんですよね、なんとなく。僕たちがやりたい事とか、これからやっていくっていう…わりと全てが詰まっている曲だと思います。それでいて、結構激しくて、グルーヴィー。

宮城:多分ね、(声が小さくて)あんまり拾ってないと思う。

全員:(笑)

吉井:僕はそうですね、全体を見て欲しいと思いますね。人それぞれの楽しみ方がもちろんあると思いますけど…やっぱり四人の動きとか、声出してるのは実際ボーカルが多いですけど、それ以外でも総合的に「カッコいいな」って思ってもらえたらいいなあって考えてる曲ですね。

宮城:ライブの話から曲の話になっちゃったね(笑)

吉井:ライブも全体的にそういう感じだから…!!

 

 

ー今後の展望はありますか?

 

渡辺:来年にはデカいフェスに出て…バンドとしてまず日本で成功することはもちろんなんですけど、僕個人のギタリストとしての終着点は「世界で活躍すること」。世界で活躍するギタリストになることが、僕の近い将来だと…思います!

全員:(笑)

宮城:面接になっちゃった!!(笑)

吉井:僕はですね、作曲の面ですごく頑張りたいなと思っています。今、ギターのまこ君とボーカルのケイスケ…圭一郎だ。

宮城:初めて間違えたよ今(笑)

全員:(笑)

吉井:緊張してんなあ…(笑) ボーカルの宮城くんが二人で作ってきたものが多いので。もっとなんかこう…芯になるところから参加したいなっていうのがあって。自分に詰まってるいろんな音楽性が出せてないなって思うので、それをもっとスパークさせるというか。そういう感じで行きたいと思います。

藤田:僕はマネジメントの事をすごい考えるんですけど…来年何がしたいかとか、今年何がしたいかってなると、漠然としたものは…今年は札幌ですごく頑張りたい。1年間は名前をすごく出したい。来年はフェスとか、CD引っさげてツアーとか…バンドらしい活動というか、そういうのをすごいやりたいと思っています。

宮城:他のメンバーが言った事とほとんど変わらないんですけど…道内でまず活躍する。北海道でバンドをやることにそんなに執着があるわけではないんですけど、せっかく北海道に生まれてるなら「北海道のバンド」っていうのを背負ってやっていきたい。来年には道外でも、YouTubeとかのツールも使って有名になって行きたいです。あとはまこも言ってたけど、世界で活躍ってところを見ると結構馬鹿げてると思うかも知れないんですけど…やる以上は僕も海外の音楽からも影響受けてるので、そっちの方でもやっていきたいんです。だから、とりあえず今は日本で有名になって、30歳とかでも海外に行けるようになりたいですね。個人個人のレベルを上げて「Freaky Styley」として成功したいですし、メンバーが個人としても成功できるようなバンドになりたいですね。

 

それでもやはり音楽やバンドの話はとても真剣に語ってくれました。

それでもやはり音楽やバンドの話はとても真剣に語ってくれました。

 

ー最後に、キタオン読者にひとことお願いします!

 

宮城:知らない人のほうが多いと思うんですけど、これから札幌で、日本でデカくなっていくので。まずはPVを観て、ライブに来てくれれば僕らの良さっていうのは絶対わかってくれると思うので…僕らライブバンドなんで。ライブ会場でしかCDは売ってないんですけど、ライブを観たらCDを絶対買いたくなるようなライブをしますので。是非一度ライブハウスに足を運んでください!よろしくお願いします!

藤田:僕らは今の音楽シーンに求められてるかどうかわかんないし、あんまり聴き慣れない音楽かもしれないんですけど…ライブに来てくれたら本当に「良い」って言ってもらえる自信があってやってるんで。とりあえずライブに来て観て欲しいです!

吉井:僕も二人と一緒なんですけど、やっぱりライブを観て欲しいですね。ライブでやる曲はいっぱいあるんですけど、その一曲一曲が退屈させない時間にするのを約束しますんで。是非ライブに来て欲しいです!よろしくお願いします!

渡辺:必ずデカくなるバンドなんで。観てください!

 

 

Freaky Styley

HP:http://artist.aremond.net/fs/

Twitter:@F_styley04

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

【North Music Diffusion】 Freaky Styleyの関連記事

ピックアップ記事

  1. 6月に全国ツアーを行い、北海道に帰ってきたばかりの藤井蛍さんにインタビューさせていただきました! …
  2. 函館港まつり 昭和10年からの歴史を数える、函館最大級のイベント「函館港まつり」は、8月1日(火)…
  3. DO IT NOW THE LAMINAZ 04 による2nd Single …
  4. Freaky Styley、キタオン4度目の登場です! 今回はボーカルの宮城さんお一人にインタ…
  5. 2017年6月10日(土)札幌で「ヒッピーズ寄席スペシャル さっぽろ落語全集第一…
  6. Last Warning / Living Dead Freaky Style…
  7. ボードゲームに勝利して、ドイツを目指せ! 2017年5月28日(日)に「カタン」日本選手権の北海道予…

最近の記事

キタオンについて

キタオンは徹底して、「北海道」にこだわった、ローカルメディアサイトです。北海道の音楽シーンから、観光、ビジネス、物産の紹介など、幅広く情報を扱っていますが、1つだけ言えるのは、あくまで北海道にこだわった情報です。

北海道内からご覧の皆様、ぜひ、地域情報の再発見をしてみてください。今まで知らなかった面白いことが沢山見つかるはずです。

北海道外からご覧の皆様、ぜひ、北海道発の様々なものに興味を持って、そして試していただければと思います。

ページ上部へ戻る