【North Music Diffusion】 葉緑体クラブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今回は札幌で大活躍中のバンド「葉緑体クラブ」を初めてお招きしてインタヴューをお贈りします。

お招きする側はといえば、当コーナー担当のくろまいでなく、初代打のコエルです!(今回くろまいは撮影担当です。)私、初めての試みでわくわくと不安が交錯しながら当日を迎えました。

 

自己紹介

撮影日 2016/3/11

撮影日 2016/3/11

月並みで申しわけないですがまずは自己紹介をお願いします。

ー 「歌とギター担当の佐々木アユミ(以下、アユミ)です。」

ー 「ドラムス担当のエミリオ(以下、エミリオ)です。」

ー 「自己紹介の部分は無しでおねがいします(以下、なつみ)」(※ベース担当です)

 

えっそれアリなんですか

一同爆笑

 

バンドの成り立ち

飾らない素朴さも魅力のひとつ

飾らない素朴さも魅力のひとつ

アユミ ー 面白くも何ともない話ですけど大丈夫ですか?(笑)最初は以前のバンドのドラムの子とこれからバンドを始めようということで、友だちのベースを紹介してもらって。それで3人でやってたけれど、ドラムの子が仕事の都合で抜けてしまったので二人でライヴをしながらメンバー募集しました。」

 

普通は次のメンバー募集をかけると思うんですけど、ドラマーがいない状態でライヴを続けたというのは面白いですね。

アユミ - もうやっちゃおうかなと思って。

なつみ - コミュ障だから(笑)

エミリオ - 全曲の間でメンボしてたよね(笑)前の方に募集の紙貼ってあったし。

アユミ ー コロニーのステージの横にB4サイズの紙でとりあえず貼っておきました(笑)

それでたまたまタイバンだったエミリオさんがその場にいたわけですけど、なぜバンドに入ろうと思ったんですか?

エミリオ - いやー音楽が素敵だったから。ドラムが鳴ってない分、アレンジの想像が膨らんでよかった。

 

3人での初練習のときに何か手ごたえみたいなものは感じましたか?

エミリオ - 覚えてない(笑)

アユミ - 緊張しました。ずっと緊張してました(笑)

エミリオ ー ナツミはベースアンプのところでずっとこう‥

 

なつみさんはステージ上でも練習でも変わらないイメージがあります(笑)

アユミ ー 全然違う(笑)普段の方が笑ってる。最近は少しくだけてきたかも。

なつみ - ノリ悪いときは他のメンバーがわかってくれてるよね。

エミリオ - そうだね。

なつみ - というか前に出るの恥ずかしい。ヘッドセットとかでコーラスしたい(笑)

エミリオ - マイク横に向けたり後ろ向けたりしたら?(笑)ステージからいなくなっちゃったり(笑)

アユミ - シングルカットされてる「野ウサギ」って曲があるんですけど、そういった変拍子の曲もしっくりくるようになった。

MV: 「野ウサギ」

 

エミリオさんは葉緑体クラブに入る前はどんな活動をされていたんですか?

エミリオ - くのいちボーイズというバンドを1年間やっていて。その前は旭川に住んでいて英語の先生をやったりしていた。その頃は何も音楽活動してなかった。ドラムは6歳からやっていて、大学も打楽器の専科。留学制度を利用して日本に来たら、いいところだと思ってそのまま(笑)

 

 

バンド活動について

IMG_6005

葉緑体クラブはライヴをたくさんやっていますが、好きな札幌のバンドさん方とかはありますか?

アユミ - 好きなバンドはプリメケロンです。

エミリオ - 葉緑体クラブは特にこうというのはなくて、いろんなジャンルの方々とタイバンしている。メロディックなバンドから新しい音楽まで、いろんなバンドを観てます。スモウルフィッシュとか、月とプラネタリウムとか。

なつみ - Force of celluloidとか、弾き語りですけど。他にもいろいろあって選べない(笑)

 

最近は東京でもライヴをやるようになりましたね。

アユミ - いろんなところでライヴをやりたいと思っていて。できるなら海外でもやってみたいです。

エミリオ - 国内でツアーとかやりたいよね。で、何も無いところとかに行きたい。何もないところが好き。

アユミ - あー公園とかいいね。

なつみ - いろんなところでやってみたい。ライヴハウス以外にも野外とか。

アユミ - 公園で野外ライヴいいね(笑)

 

旅費もかかるのではないですか?

アユミ ー 格安使ってます。けれど、前回は3連休とかぶってしまい、次回はGWなんですよ‥(笑)

エミリオ - 嬉しいけどね。もう船買おうか?(笑)あ、なつみはヘリ担当で。

なつみ - 乗ったことがあるだけです(笑)

 

 

曲作りについて

佐々木アユミ(Vo.&G.)

佐々木アユミ(Vo.&G.)

曲のストックはどれくらいあるんですか?

アユミ - 16~17曲くらいですね。まだそんなに無いんです。二年半くらいの間で。

エミリオ - 数えてない(笑)

 

曲はどうやって作りますか?

アユミ - 弾き語りするか、録音したものを聴かせて作っていきます。

エミリオ - アレンジは全員でやってる。もしリズムが面白いと感じるところがあればそれはたぶん私が考えてるけど、曲のトップとかを全員で考えたりとかもある。

 

葉緑体クラブはベースがここぞというところで前に出てくるフレーズがあったり、そこに絡むドラムがまた面良かったり、佐々木さんの歌は「少年期」などにあるようにボーイッシュな面があったりして面白いと思います。

アユミ - イメージはけっこう自然な、そのままな感じです。ボーイッシュというより男女どっちでもないような感じ。

 

歌詞もそのようなスタイルで書いているのですか?

アユミ - いや、歌詞は(特に意味の無い部分もあるけど)考えて書いてます。結構捻り出すタイプなんで(笑)自然に浮かんだ1フレーズの周りに肉付けをしていくやりかたです。考えてないところが芯になっていて、考えてるところが残りの部分という感じです。

 

歌詞も印象に残ります。タイトルを見てもテーマ(動物など)があるというか、何かご自分の世界観を持ってやっているのかなと。

アユミ - 歌詞についてはあまり言われないです(笑)テーマについては単純に動物が好きなので(笑)

 

 

アルバム「路地裏の動物たち」について

 

アルバムは自主製作ですか?

エミリオ - そうです。P.C.P.というところで。レコーディングエンジニアの西田さん(Musik Studio)に録音してもらいました。

アユミ - 一気に録りました(笑)いっせーのーで録って、後から歌をかぶせた。

エミリオ - 珍しいよね。

 

半分ライヴになっているわけですね?

アユミ - これの前に出した「野ウサギ」は最初別々に録ってみたんですけど全然できなくて。全然できないんでいっぺんに録った方がいいなーと(笑)

エミリオ - 個人的には一番いいやり方だと思う。ソロとか入れるならその部分を開けておいてもいいけど。
ちなみにボーカルも同時録音したバンドに関わったことがありますが、やはりというか途中ボーカルが大変でした(笑)

エミリオ - その一緒の部屋にいる音(アンプは鳴っていないけど)も入ってくるからボーカルも一緒は厳しいけど、、でもやってみたいね。

アユミ - ダメ。絶対失敗する。一生終わらない(笑)

 

「鳥」とか良いですね!「少年期」も印象に残ります。最後の曲のイントロなども。

エミリオ - ナイス・チョイス!

アユミ - 「鳥」はドラムが一番美味しい。

エミリオ - あの曲は楽しいことしかやってない。

[amazonjs asin=”B00Y7OSX0O” locale=”JP” title=”路地裏の動物たち”]

 

余談

なつみ(B.)

なつみ(B.)

個人的にオススメがあれば教えて下さい。

アユミ - 私は菅野よう子です。アニソンで一般的には有名ですけど、いろんなジャンルの作曲家です。

なつみ - 愛知県の辺りにいる、「ジャズマスターが鳴った後に」というバンドが好きです。曲が好き。Youtubeで検索したら出てきます。‥あとはゲーム音楽。持ってるやつでいえばクロノクロス。

 

前から言ってましたね。僕はクロノトリガー好きです(笑)最近ではPSのDARKSOULSシリーズのが好きで(笑)

エミリオ - You Died!(笑)

エミリオ(Dr.)

エミリオ(Dr.)

おぉ!(笑)

アユミ - どM系好きなの?(笑)

エミリオ - やったことあるけどあまり好きじゃない(笑)すぐ死ぬし、一回死んだら敵全部復活する。

アユミ - それはめんどくさい(笑)

 

なつみ - ゲームぜんぜんへただから‥

アユミ - 強い状態でニューゲームっていうモードがある。

エミリオ - RPGって適度なところで辞めちゃったり(笑)セーブに戻ったりするのめんどくさいし。

‥以下、一同クロノなどゲームの話。

 

 

メンバー同士で遊んだり、飲みに行ったりなどありますか?

アユミ - ほぼ無いですね。練習とかで週に2、3回は会ってるんですけど(笑)

エミリオ - 夜の一定の時間帯を皆開けて、そこに練習をどんどん入れてる。

アユミ - 次のアルバムを出す予定なのでその練習もしたりで。そうそう、こないだ青少年科学館に初めて一緒に行ったんですけど(笑)身体能力測定を(なつみが)やってみたら全然できてなかった。あれがすごく楽しかった(笑)

なつみ ー ‥(笑)

あ、一緒に遊びに行ったんですね!

アユミ ー それだけ(笑)

 

葉緑体クラブ

葉緑体クラブのメンバー間のさりげない思いやりを感じました。

以上、全部で1時間弱、メンバーそれぞれのキャラクターの滲み出る楽しいインタビューとなりました。

葉緑体クラブの実直な音楽性や人間性に惚れる方々も多いのではないでしょうか。

ちなみに私は初めてのインタビューでお話を拾いきれないところも多々ありました。本当に申し訳ありません。

葉緑体クラブの皆さん、本当にありがとうございました!

 

 

葉緑体クラブ

葉緑体クラブ

葉緑体クラブHP: http://www.youryokutai.com/

↑音源、MV、ライブ情報など

 

Twitter:

葉緑体クラブ @youryokutai9

 

佐々木アユミ @ayutama09

なつみ @nat_les

エミリオ @emilio_in_saps

 

 

 

文責:越

[amazonjs asin=”B0166E0NIW” locale=”JP” title=”DARK SOULS III 【数量限定特典】「特製マップ&オリジナルサウンドトラック」付”]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

【North Music Diffusion】 葉緑体クラブの関連記事

ピックアップ記事

  1. 6月に全国ツアーを行い、北海道に帰ってきたばかりの藤井蛍さんにインタビューさせていただきました! …
  2. 函館港まつり 昭和10年からの歴史を数える、函館最大級のイベント「函館港まつり」は、8月1日(火)…
  3. DO IT NOW THE LAMINAZ 04 による2nd Single …
  4. Freaky Styley、キタオン4度目の登場です! 今回はボーカルの宮城さんお一人にインタ…
  5. 2017年6月10日(土)札幌で「ヒッピーズ寄席スペシャル さっぽろ落語全集第一…
  6. Last Warning / Living Dead Freaky Style…
  7. ボードゲームに勝利して、ドイツを目指せ! 2017年5月28日(日)に「カタン」日本選手権の北海道予…

最近の記事

キタオンについて

キタオンは徹底して、「北海道」にこだわった、ローカルメディアサイトです。北海道の音楽シーンから、観光、ビジネス、物産の紹介など、幅広く情報を扱っていますが、1つだけ言えるのは、あくまで北海道にこだわった情報です。

北海道内からご覧の皆様、ぜひ、地域情報の再発見をしてみてください。今まで知らなかった面白いことが沢山見つかるはずです。

北海道外からご覧の皆様、ぜひ、北海道発の様々なものに興味を持って、そして試していただければと思います。

ほっかいDOバザール新着商品

  • No items.
  • ページ上部へ戻る