【North Music Diffusion】 WedimMedia

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

札幌を中心に活動するポップロックバンド、WedimMediaのみなさんにインタビューさせていただきました!

今回はインタビュー中の写真が撮影出来なかった為、ライブ中の写真をたくさん使わせていただきました!

 

1453961188504

WedimMedia

(L→R)

Dr.Watanabe satoru 、 Ba. Sato Fuminori 、 Vo.&Gt. Noto Takehiro、 Gt. Sugawara Syota

 

まず、WedimMediaはどのような音楽をやっているバンドなのかを教えてください!

 

Noto(以降 能登):切ない…切ない歌詞と親しみやすいフレーズ。聴きやすくて、でもちょっと切ない音楽。

Watanabe(以降 渡辺):あれ言ってたじゃん。「いつもそばに居るような音楽」。

能登:それだ、それでいこう!

 

 

皆さん、以前は違うジャンルのバンドをやっていたんですよね?

 

能登:はい。俺は高校の時…メタルやってた。

渡辺:嘘つくな!

Sato(以降 佐藤):嘘つくな!

Sugawara(以降 菅原):嘘つくな!

能登:いや本当に!その時俺に主張権がなかったの!他のメンバーのやりたい曲をやってたから、メタル歌ってたの!

渡辺:メタルだけ?

能登:そう。メタルだけ。

渡辺:じゃあ、シャウトとかしてたの?

能登:うん。してた。シャウトさせられてた。出来ないのに。

全員:へえ~。

能登:その頃も別にメタルとか好きじゃなかったから…ずっと聽いてたのは洋楽と邦楽のポップ。今のWedimMediaっぽいような曲を聴いてた。翔太さん(菅原)は違う感じのバンドやってたよね?

菅原:そうだね…WedimMediaに入る前は適当にオリジナルのバンドやってて(笑)

佐藤:どんな系の?どんな系の?

菅原:ポップ系…?をやってて。でも「ガチでバンドやりたいな」って思ってて。探してたらフライヤーが回ってきて…みたいな(笑)

渡辺:Twitterでね!

菅原:そう、Twitterで回ってきて。それでスタジオ入ってみた感じです。

渡辺:俺もねえ、女の子ボーカルですよ。ふみのりくん(佐藤)と一緒にやってたわけですよ。

佐藤:やってましたね~

渡辺:それと並行して、ハードコアみたいなのもやってた。そこで(能登に)「ドラムやってみない?」って言われて…ライブ決まってたみたいで、「1回出てみてそこから決めて」って言われたからそれをやって、まあ…「良かったな」って思って。今に至りますね。

佐藤:もう全部言われちゃった…(笑) 俺はさとる(渡辺)とほぼ一緒です。

渡辺:でも、ふみ(佐藤)と能登はさ、一緒にいろいろやってたよね。

佐藤:専門学校卒業してすぐにこいつ(能登)と、同じ専門の同期のギターとドラマーがいて一緒にバンドやってたんだけど…急にその二人が「辞める」ってね。

能登:そうそう。ライブ決まってたのに…

佐藤:夏ぐらいにそう言われて。そこからギターとドラムをサポートで探して、そこでさとるが入ってくれて。翔太さんがその年を越してから…それも春先ぐらいかな?それで今に至りますね。

能登:いろいろめっちゃハショりましたけどそんな感じです。

佐藤:ハショったわ~(笑)

 

 

あれ、それじゃあメンバー全員が音楽の専門学校の出身なんですか?

 

佐藤:あ、そういうわけじゃないんです。翔太さん(菅原)が…

渡辺:料理人がいる!

全員:(笑)

菅原:僕は調理の方の専門学校に行ってました。

 

 

では、その菅原さん以外での出会いは専門学校だったわけですね。

 

能登:そうだね~、翔太さんは1歳上だしね。

 

 

 

結成のきっかけまで、全て話してくださったわけですが…(笑)

 

能登:だいぶハショりましたけどね!(笑) 話すともっと長くなります(笑)

 

 

WedimMediaは演奏に様々な機材を取り入れていますよね。その演奏方法でこだわっている部分はありますか?

 

能登:多分俺が聴いている音楽がそういう感じだからだねきっと。俺が普段バンドの曲を書いてるんだけど、曲を書いている中で…ストリングスとかピアノとかを入れたいってなると、もうサポートメンバーを入れるわけにもいかないから。

渡辺、佐藤、菅原:4人がいい。

能登:そう、4人がちょうどいいから。

渡辺:でもそれ(ストリングスやピアノ)を使いたいって言うから…「じゃあ、(同期)使ってみようか」と。

 

独自の音楽性を持った彼らのライブは、引き込まれるものがあります。

独自の音楽性を持った彼らのライブは、引き込まれるものがあります。

 

メンバーを増やすとなると、その分ライブのステージの広さとかも関係してきちゃいますもんね。

 

能登:そうだね~、あとはフットワーク重くなっちゃう。練習に入る時、メンバーのスケジュールが合わないとかも出てくるから…5人以上だと結構厳しいよね。

渡辺:4人で再現したい音楽をやるには、「機械を1人入れる」しかないかなと。

佐藤:今となっては「あって当たり前」ぐらいの感覚ですね。

 

 

先ほど曲づくりの話がちらっと出ましたが、曲作りは全て能登さんが行っているのですか?

 

能登:ほとんど…だいたい?(笑)

佐藤:だいたいってなんだお前(笑)

能登:9割くらい…作詞作曲は能登ですね。

佐藤:ゼロとかは違うんじゃない?

能登:ゼロはその場で作ったよね。「変拍子の曲欲しいね」ってなって。作った後に詞を入れる…普段とは逆パターンで作った。…めっちゃイライラした。

全員:(笑)

佐藤:なんで変拍子の曲作ることになったんだっけ?

能登:お前のせいだよ!お前が変なフレーズ入れたいって言ったからだよ!

佐藤:俺が朝起きた瞬間「…あれだな、変拍子欲しいな」って思ったの。

能登:頭おかしいなって思った…でも出来てみればまとまってた。そんな感じです。

 

 

ライブでのWedimMediaの見所はどこですか?

 

能登:各パートの絡み合いじゃないですかね。そのこう、こう、こう、こう行くんじゃなて、こうなってこうなる感じ。

渡辺:字じゃわかんねえよ!

全員:(笑)

渡辺:なんて言ったらいいんだろうね!

佐藤:お互いの音が絡み合う感じ?

能登:そう、それがこう…

 

こうなる感じ!

こうなる感じ!

 

全員:(笑)

渡辺:4つでひとつ!4つでひとつな感じ!

能登:そういうことなんだよなあ…全部、ギター、ボーカル、ドラム、ベース…あとはピアノとストリングスまとめて全部で「1」にするみたいな。ひとつにまとまるところを聴いて欲しいです。

 

 

ライブでお客さんに楽しんでもらうために心がけていることはありますか?

 

菅原:僕はありますね。ライブって、自分が楽しくないとお客さんにも楽しんでもらえないと思ってて。「とにかく楽しくやろう」っていうのは心がけています。

能登:それはあるね

佐藤:翔太さんいつも笑顔だもんね。

渡辺:いいえぐぁっ…いい笑顔だあ!

全員:(笑)

渡辺:いい笑顔!笑顔担当でしょ?ふみ、ビジュアル担当!

能登:顔だけのやつ(笑)

佐藤:ダメじゃんそれ!

渡辺:能登雰囲気担当。どやっとしてるやつ。で、俺はこういう所での盛り上げ担当。

全員:(笑)

佐藤:なるほどね(笑)

渡辺:裏で頑張るタイプ(笑) 普段ね、フロントが目立ってたり、ドラムのところが暗かったりするから…結局そうなっちゃうんですよ!

 

ステージではドラムが少し目立ちにくいぶん、インタビューではたくさん話をしてくれました。

ステージではドラムが少し目立ちにくいぶん、インタビューではたくさん話をしてくれました。

 

 

では、話題を変えてCDのことについてお聞かせ下さい!収録曲は何曲になりますか?

 

能登:4曲になります。

 

発売音源 ジャケット

発売音源 ジャケット

 

収録曲の解説をお願いします!

 

M1. サヨナラオレンジ

 

渡辺:この曲は…長いよね。能登くんと共に。

能登:そうだね~、俺が専門の時に作った曲だから…もう3年ぐらい。

渡辺:3年はやってるけど、3回はバンド変わってるよね(笑) でも変わっててもずっとやり続けてるのが「サヨナラオレンジ」だよね。

能登:あの曲はやったことがないライブはないよね。毎回絶対最後にやってる。もしかしたら、聴いてる人からしたら「WedimMediaといえばサヨナラオレンジ」ってところもあるかも知れない。最後、この曲始まったら「ああ、終わるんだ」って思うかもしれない。あれも失恋ソングだね。「バグ」とリンクしてる。「忘れられない恋人の事を歌っている」のが「バグ」で、「別れちゃった時を歌っている」のが「サヨナラオレンジ」で。「相手」が一緒なんだよね。だから「バグ」が「サヨナラオレンジ」の続きっちゃあ続きなんだよね。

佐藤:初めて聞いたそれ(笑)

能登:あ、本当に?

佐藤:もっと欲しいもっと欲しい!

能登:やめて!!!

佐藤:お前のスタートは「ネガティブ」からなんだな。

能登:そうだね~。俺はネガティブになった時に歌詞を書きたくなる派だから、多分そうなっちゃうんだと思う。

佐藤:嫌いじゃないよそういうの。

能登:ああ、うん…「うわ~!楽しい~!」って言いながら歌詞を書く事って無いね。

佐藤:そういう曲はあんま好きじゃない…

能登:ああ、そうなの?

全員:(笑)

能登:まず書けないしね。そういうの。「楽しい」って思う時は楽しいからそれでいいじゃん。暗い時こそ歌にしたくなるから…「サヨナラオレンジ」は別れてから3~4年ぐらい経ってから書いたなあ。専門入ってからだから。その対象の子は中学校の時に付き合ってた子。(笑)

佐藤:へえ~、お前マセガキじゃねえか(笑)

渡辺:中坊の時のことを書いたの?

佐藤:お前中坊って(笑)

渡辺:…訂正します。「中学生」。

全員:(笑)

能登:そうだなあ…この曲は歌詞そのまんまだよね。マジでそのまんま。俺が何か言う必要も無いと思う。

渡辺:能登って歌詞いいよね。俺的に。

能登:あっ、あざす(照)

渡辺:…好きだよ

能登:あっ、ありがとう(笑)

全員:(笑)

 

 

M2. バグ

 

能登:「バグ」は…完全に俺だよね。

佐藤:完璧君だね。

能登:あれは…「等身大ラブソング」かな。

菅原:きっも(ボソッ)

全員:爆笑

能登:やめろって!そうじゃん!

佐藤:いや確かにそうだけど(笑)

能登:結構…ね?そうだよね?あれさ、俺らの中でも初期の曲じゃん。「アオ」の次ぐらいに出来た曲。

渡辺:今回のCDって初期の曲ばっかり入れたよね。

佐藤:確かに。新しいの「シアワセ(幸せのありか)」ぐらいかな。

能登:まずはあの…本当に「俺」だね(笑) 俺の恋愛事情。(笑) だいたい歌詞書くときは、ノンフィクションとフィクションの間ぐらいになるから…その時にあった事から書き始めて。最後は自分がどうなりたかったかとか、どうしたかったかっていう結末になることが多い。だから「アオ」もそうなんだけど、実際に落ち込んで立ち直った事を書いたわけじゃなくて…落ち込んだときに書いて、書きながら立ち直った曲でもあるし。あ、でも「バグ」は落ち込んだ時に落ち込みながら書いて、書き終わった時にまた落ち込んだ感じ(笑)

佐藤:歌詞を見ればお前のその時の心境がわかる訳だ(笑)

能登:言ってしまえばそうだね…

渡辺:歌詞のお気にポイントは?

菅原:女々しいだ、女々しい(笑)

能登:キーワードは「女々しい」だわ。結論は女々しい曲だからね。ずっとね、主人公が元彼を忘れられないっていう曲だから…俺がそうだったんですけど…俺が女々しかったんですけど (笑) 「アオ」は考えながら書いたから結構時間かかったんだけど、「バグ」に至ってはその時の心境をただ書き連ねただけだったからすぐ出来た。1時間か2時間くらいで。

佐藤:病んでた?

能登:病んでたね。だから歌詞が先に出来た。

佐藤:相当病んでたな…

能登:曲はメロディーから先に作ることが多いけど、この頃は歌詞から書いて曲に乗せてたから…でもこの曲は歌詞と曲が一緒にバーッと出てきたから1日で原型はパって出来た。だから、「バグ」=「その当時の能登」ぐらいの感覚かな…

渡辺:俺もその時の秘話ある!

佐藤:秘話あんの??

渡辺:その当時スタジオ入ってて、俺トイレ行ったんだよね。トイレ行って帰って来たら、当時のサポートギターのマサキユさんと能登がこの曲弾いてて。「この曲めっちゃいい曲じゃん」って思って聞いたら「バグ」だったっていう、秘話。

能登:結構あれだよね、「新曲持ってきたから聴いて!」じゃなくて急に弾き始めるもんね俺。

渡辺:そうそう。

能登:「新曲ですよ」って言って聴かせたら、曲を客観的に聴けないんじゃないかと思って。急に始めて「この曲、誰かの曲?」っていう入りで聴いて、結論「これ新曲だよ」って言った方が。作っていくうちにだんだん客観的に見れなくなっちゃうから…せめて最初ぐらいはオープンワールドで聴いて、客観的な感想を持って欲しい。作る時に中に入ってくれれば。

渡辺:俺はそっちの方がアレンジしやすいかな。急に新曲始める方が。なんかうまくいく。

 

それぞれの感情や捉え方に固定されずに聴いて欲しい、と口を揃えて言っていました。

それぞれの感情や捉え方に固定されずに聴いて欲しい、と口を揃えて言っていました。

 

M3. アオ

 

佐藤:俺たちのはじまりの曲だよ。

能登:確かに!

渡辺:4人体制になって初めてスタジオで合わせた曲です。そこから僕ら4人の始まり。

佐藤:(笑)

能登:(曲を作った)あの時…ニートだった。

全員:(笑)

佐藤:クソじゃん!(笑)

能登:ニートだったからめちゃめちゃ暇すぎて…昼間とりあえず外に出て、公園行って。それが一昨年ぐらいかな。

佐藤:卒業してすぐぐらい?

能登:そう。

佐藤:俺ん家住んでたときだべそれ(笑)

能登:そうかもしれない。その時に書いたやつ。なんか…死にたくなって(笑) 歌詞書く事自体が自分にとって自問自答みたいな感じがあるから。「なんで今こういう気持ちなのか」って自分に教えていく感じ。だから「アオ」の時も…なんかすごいよくわかんない感情だったからとりあえず歌詞書き始めて。歌詞の終わりは「鳥が飛び立つ」みたいなイメージ。

「希望ができました」みたいな。

佐藤:なるほどね。

能登:それを自分が書きながら、自分も元気づけられた感じはある。自分で自分を励ました…じゃないけど、歌詞書きながら考えて出来た曲です。

渡辺:お気に入りの部分は?曲的に。

能登:やっぱあれじゃない?テンポ倍になるところ。あそこで一気にあの曲の雰囲気が変わってさ、主人公が前向きになり始める感じ。やっぱそこがお気に入りかな。あとはちょっと長い間奏で、どんどん希望を見出してく感じ。まあでもそこは聴いた人次第だと思う。渡辺:各々のフレーズでは?

佐藤:フレーズでは…やっぱり最後のフレーズでしょ。長い間奏からの。音域をさ、結構広く使ってるから開けた感じになってるのさ。テンションがね、上がったよ。曲のテンションも上がってるところだから、音の使うところとかも高くなったりして…でも中途では落ちて。そんな感じですね私は。

菅原:僕はこれ初めてウィディメディに入ってギターのアレンジした曲なんですけど…初めて聴いたときはこの曲は幻想的だなって思ったんです。こんな曲作るの初めてだったので「難しいな」って思ったんですけど…自分のやってきた事をちょっと出してみようと思って。この曲は普通にフレーズ付けても面白くないなって思って裏拍を意識してフレーズ入れてみたり、幅広い音域でフレーズを作ってみたりしました。

渡辺:へえ~、そんなことを考えてたんだね!

菅原:考えてるよ!

全員:(笑)

渡辺:俺のここは感じて欲しいポイント!ギターソロの前の「ジャッ」ってとこ!

佐藤:わかんねーよ!!

渡辺:そこから「バッ」ってくるところを聴いて欲しいですね!

能登:もう全然わかんねえ!

渡辺:「ジャッ」ってとこあるんだ!そっから「バッ」ってなるから!なるんだ!そういうところ!

 

 

M4. 幸せの在り処

 

能登:この曲は、重いよ…「幸せとは何だろう」っていう曲ですね。…なんか喋り疲れたわ…(笑)

佐藤:歌詞聴いたときは「当たり前は当たり前じゃないんだな」っていう感じがしましたね。

能登:この曲はあんまり解説したくない曲かもしれない。作った俺がそう言っちゃうと、そうとしか捉えられないじゃない。だから「一番そうしたくない曲」かな。この4曲の中でも。聴いた人が「暗い曲」だって捉えてもいいし、「ここから頑張っていこうっていう曲なんだ」って思ってもいいし。

佐藤:聴く時の心情によって変わりそうだよね。この曲は。

能登:そうなんだよね。だから曲を聴く上で「気持ち」って大きいんだよね。明るい気持ちの時に聴きたい曲ってあるじゃん。暗い気持ちの時だってもちろん。気持ち次第で、聴こえ方が違う。

菅原:僕的にはこの曲はアレンジとかもしやすかったっていうか…いつもは聴いて、フレーズ作って、持ち帰って固めるっていう感じなんですけど、この曲はスタジオでみんなで合わせてすぐにフレーズが降りてきました。だから入りやすかったっていうのはあります。

能登:すぐ出てきたよね。イントロのフレーズとかさ、「それいいじゃん!」ってみんなで。そのまま決定したよね。

 

 

CDの発売はいつになりますか?

 

能登:3月ぐらい…

渡辺:2月下旬から3月上旬の間に出せたらいいな…出したくなったら出す!(笑)

佐藤:3月中には…

能登:なるべく早めに出します!!

 

3月下旬にはレコ発企画ライブもあるそうです。こちらも要チェック!

3月下旬にはレコ発企画ライブもあるそうです。こちらも要チェック!

 

今後の目標はありますか?

 

佐藤:今年中にもう1枚シングル出したいのと、夏ぐらいに東京の方にライブ遠征で行きたいなっていうのが今年の目標。

渡辺:北海道も回りたい!

佐藤:北海道もアリ!とにかく札幌以外のところでライブがしたい!

渡辺:ウィディメディの…

佐藤:ウィディメディって(笑)

渡辺:いや俺はこれを推していくよ!ウィディメディのTwitterあるじゃないですか。フォロワーを、目標…3000!

全員:お~!!

佐藤:え、3000?今年3000?

能登:買う?フォロワー買う?(笑) 卵のアイコンのやつが3000人ぐらい…突然(笑) でもそれいいと思うよ。

渡辺:今時でしょ?

菅原:僕は私事なんですけど…ものすごい「切なさ」を求めるフレーズを研究していきたいなと思っています。

渡辺:セツナ系ギターの極み?

菅原:極み目指す。

能登:俺はね~、自分の表現したいと思った事を100%表現し続ける!

全員:(拍手)

能登:その時やりたいって思った事をちゃんと実現して、「聴きたい」と思ってくれている人に100%届けられるようにしたい。漏れなく! あとは一人でも多くに聴いてもらえる環境を作りたい。とにかく「届ける事」に全力を尽くしたい。聴いてもらえない音楽は存在しないのと一緒だから。

 

 

最後に、キタオン読者にひとことお願いします!

 

佐藤:俺たちのことを知らない人がたくさんいると思うんですけど、今回のインタビューを見て興味を持ってくれたら…YouTubeにも曲があるので聴いてくれたりしたらいいなと思います。

渡辺:これを見てくれた人に曲を聴いてもらって、好きになってくれたら…押しつけはしないですけど…(笑) そうでなくても、聴いてくれたら嬉しいです。とりあえずね。とにかく知ってほしい。

菅原:まず、キタオンさんにこういう機会を設けてもらってありがとうございました。とにかく色んな人に聴いてもらいたいんで…WedimMediaっていうバンドを少しでも知ってもらえたら嬉しいです。

能登:最後まで読んでくれてありがとうございます。ほとんどは知ってる人が読んでくれると思うんだけど…知らない人がもし読んでくれていたら、曲聴いたり、ライブ観たりして好きになってくれたらと思います。それで知ってくれた人がまた知らない人に伝えたり、ウィディの話題で盛り上がってくれたら俺たちは嬉しいし…

渡辺:これだけ嬉しいことはないよね。

能登:そうだよね、でもそれって俺たちの事情じゃん。俺たちの曲は元気になれるような曲はないけど…泣きたいときとか、落ち込みたい時に俺らを利用してくれればと思います。これからもよろしくお願いします!

全員:よろしくお願いします!

 

WedimMedia

We=僕たち

dim=曖昧な

Media=機関、団体

これらを組み合わせた造語が 「WedimMedia」

いつまでも曖昧なボクらで、完璧なんて無くて、ずっと成長していける僕たちで

いたい。

HP:http://wedimmedia-official.jimdo.com/

Twitter: @WedimMedia_twi

YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCWTeviWlQf1I_xABvGW20Wg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

【North Music Diffusion】 WedimMediaの関連記事

ピックアップ記事

  1. 6月に全国ツアーを行い、北海道に帰ってきたばかりの藤井蛍さんにインタビューさせていただきました! …
  2. 函館港まつり 昭和10年からの歴史を数える、函館最大級のイベント「函館港まつり」は、8月1日(火)…
  3. DO IT NOW THE LAMINAZ 04 による2nd Single …
  4. Freaky Styley、キタオン4度目の登場です! 今回はボーカルの宮城さんお一人にインタ…
  5. 2017年6月10日(土)札幌で「ヒッピーズ寄席スペシャル さっぽろ落語全集第一…
  6. Last Warning / Living Dead Freaky Style…
  7. ボードゲームに勝利して、ドイツを目指せ! 2017年5月28日(日)に「カタン」日本選手権の北海道予…

最近の記事

キタオンについて

キタオンは徹底して、「北海道」にこだわった、ローカルメディアサイトです。北海道の音楽シーンから、観光、ビジネス、物産の紹介など、幅広く情報を扱っていますが、1つだけ言えるのは、あくまで北海道にこだわった情報です。

北海道内からご覧の皆様、ぜひ、地域情報の再発見をしてみてください。今まで知らなかった面白いことが沢山見つかるはずです。

北海道外からご覧の皆様、ぜひ、北海道発の様々なものに興味を持って、そして試していただければと思います。

ページ上部へ戻る