【North Music Diffusion】モノポックル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今回のNMDは!

2013年度HOTLINEで見事グランプリを獲得した実力派バンド、モノポックルのおふたりにインタビューさせていただきました!
モノポックル

Gt.&Vo. 大脇一起
Ba. 杉山晴彦

 

まず、モノポックルというバンドを結成したきっかけを教えてください!

大脇:結成した初期のメンバーは僕しかいないんですが…(笑)それぞれ、音楽仲間内で高校生の時にやっていたバンドが解散してしまいまして。それをきっかけに本格的にオリジナルのバンドをやろうと集めたのが、始めたきっかけでしたね。

 

モノポックルの楽曲はどうのようなことが基盤になっていますか?
大脇:まず、和の雰囲気、テイストを大事にした曲をやりたいなと。あとはもう、型にはまらないというか。やりたいことをやり尽くすという事ですかね。

DSC_0037

緊張した面持ちでインタビューに答える大脇

 

以前和楽器をされていたのですか?

大脇:そういうわけじゃないんです(笑)ただその雰囲気が好きで(笑)
杉山:一回も触ったことない(笑)

 

お二人が楽器を始めたきっかけはなんですか?

大脇:僕は両親が楽器をやっていたので、小さい頃から洋楽とかが流れていた家庭だったんです。中学校1年生のとき、幼馴染と一緒に「やるか!」って言ってバンドを組んだのが楽器を始めたきっかけでした。
杉山:私の場合は、両親とかは特に音楽をやっていたわけではないんですけど…音楽を聴くのが好きだったので、大脇と一緒で家ではよく音楽が流れている環境ではありました。なので自然と「音楽をやってみたいな」というモチベーションはあって。ただ、家がマンションだったので楽器を弾ける環境ではなくて。(笑) 大学に入って一人暮らしを始めるタイミングで、「よっしゃ」と。親の目も離れて自分の時間も多く取れるようになったので、新しいことを始めてみようと。ということで、前々からやってみたかったバンドを、楽器を始めてみようと思ったのがきっかけですね。

DSC_0029

こちらも緊張した様子の杉山

 

そこでベースを選択したのはどうしてですか?
杉山:それは完全にもう、大脇の差し金ですね(笑)
全員:(笑)
杉山:楽器を始めるにあたって、ちょうど大学のクラスが大脇と一緒だったんです。その時に大脇が音楽をやっている聞いていたので、「楽器を始めてみたいんだけど」って相談したんですね。そしたら「一緒に楽器見に行こうよ」と。そこで楽器屋に連れってもらって。さりげなくベースを…(笑)
大脇:ベースあるよ!ベースなんかいいんじゃない?って(笑)
杉山:言われるがままベースを買ってしまって(笑)
大脇:計画してそのままバンドを組むっていう(笑)

 

現在、作詞作曲は大脇さんが担当していらっしゃいますが、曲を作る時にこだわっている部分はありますか?
大脇:歌詞を大事にしているのがまず第一ですね。自分の納得いかない状態では、完成させない。だから寝かせている曲が何曲もあって。その場の思いつきというか、ひらめきで作っちゃうことが多いので、ひらめかない曲はほっとくというのがこだわりですね。あとはこう…聴いてる人に媚びないというか。「これをやりたいんだけど、やったら曲としてポップさがなくなっちゃうんじゃないか」とかは気にせず(笑) やりたいと思ったらやる。それを良いって言ってくれる、お客さんがその求めていることじゃなくて、自分たちが「良い」と思ったものをお客さんに「良い」って思ってもらえるように演奏するのは譲れないです。

 

「音楽をやっていてよかった」と思うことはありますか?
杉山:楽しいっていうのが一番なんですけど、その中でも…大脇もよく言ってるんですけど、人の輪っていうのが繋がるというか、広がるなっていうのはすごく感じますね。音楽をやっててお客さんとの繋がりだったりとか、地方に行った時には地方のお客さんだったりとかで交流が広がっていって。自分たちの音楽もどんどんいろんな人に伝わっていくっていうのは、何か嬉しいですね。
大脇:僕は自分で感じたりしたこととか、辛いこととか、嬉しいこととか、自分が生きてきた「人生」っていうものを形に出来るものがあるっていうのはすごいいい事だなって思いますね。そういうものが過去の思い出として残しておくだけじゃなくて、曲にして、CDにして、人に発信して…それぞれ感じてもらえるものがあったりしてっていうのは、すごく意味のあることというか。自分の人生に意味を意味を持たせるっていうか。そういう意味ですごく、一番いいものだなって思いますね。

DSC_0026

やっぱり音楽は楽しいです、と二人共語ってくれました。

 

 

 

現在も精力的に活動していらっしゃるので、いろいろな地域でライブする機会も多いと思います。まだ行ったことのない地域ももちろんあると思いますが、今後ライブをしに行ってみたい所はありますか?
大脇:アメリカですね。(笑)
杉山:国外か…!(笑)
大脇:アメリカと、ロンドンでライブしてみたいです。夢はでっかく!
杉山:個人的にはそうだなあ…沖縄行ってみたいですね。なんか、沖縄の方って歌って踊って、リズムの取り方も独特じゃないですか。そういった人たちが僕らの音楽を聴いたときにどう感じるのかなあっていうのは気になりますね。

DSC_0031

夢はでっかく!

 

今後の活動での目標を教えてください!
大脇:まずは今年中にレコーディングです。そして今の活動拠点は札幌ですが、僕は今江差に住んでいて杉山が東京に住んでいるんです。このような環境の中でも充実したバンド活動ができる強いバンドに成長したと思います。今後は自分たちの力で環境をより整えていきながら、バンド勢いを強めていきたいです。

 

最後に、キタオンの読者の方々に一言おねがいします!
大脇:今、札幌や北海道の他の地域でもバンドがたくさん活動してるじゃないですか。有名なバンドだけじゃなくて、そんな中でもキタオンっていう地元のバンドを取り上げてくれているニュースサイトがあるのは本当に素晴らしいことだと思います。その中でもそうでなくても、気になったバンドがいればせっかく近くで音楽が聴けるのだから、まずはライブに行ってみて欲しいです。ライブがあってこそのバンドなので。そこで見たバンドの中で、お気に入りの音楽に出会えるかもしれないし、同じバンドを好きなひとと仲良くなれるかもしれない。どんどん札幌の音楽を知って欲しいですね。
杉山:僕も大脇と同じで、どんどんライブに足を運んで欲しいです。有名なバンドももちろんかっこいいんですが、それだけがかっこいいとは限らないんです。CDを聴くのももちろんいいことですが、生の音楽を体感して欲しいですね。キタオンという媒体を通して、こういうバンドがいるんだっていうのも知ってほしいし、札幌の音楽がもっと活性化して欲しいと思います。僕らの音楽ももちろん聴いて欲しいですけど、札幌のいろんな音楽を知ってもらいたいです。

DSC_0082

取材の日(5月2日)は大脇さんの企画ライブでした。

モノポックル

ホームページ:http://monopockle.jimdo.com/?mobile=1

動画:

https://youtu.be/Lm-GKfw_U1E
https://youtu.be/PdWzltNl3f4
https://youtu.be/87_MbMN8QKA

ライブ情報
6月20日 モノポックル×プリメケロン2マンLIVE『少年少女の音風遊び』
会場:サウンドクルー
チケット:1,000円+1drink

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

【North Music Diffusion】モノポックルの関連記事

ピックアップ記事

  1. 6月に全国ツアーを行い、北海道に帰ってきたばかりの藤井蛍さんにインタビューさせていただきました! …
  2. 函館港まつり 昭和10年からの歴史を数える、函館最大級のイベント「函館港まつり」は、8月1日(火)…
  3. DO IT NOW THE LAMINAZ 04 による2nd Single …
  4. Freaky Styley、キタオン4度目の登場です! 今回はボーカルの宮城さんお一人にインタ…
  5. 2017年6月10日(土)札幌で「ヒッピーズ寄席スペシャル さっぽろ落語全集第一…
  6. Last Warning / Living Dead Freaky Style…
  7. ボードゲームに勝利して、ドイツを目指せ! 2017年5月28日(日)に「カタン」日本選手権の北海道予…

最近の記事

キタオンについて

キタオンは徹底して、「北海道」にこだわった、ローカルメディアサイトです。北海道の音楽シーンから、観光、ビジネス、物産の紹介など、幅広く情報を扱っていますが、1つだけ言えるのは、あくまで北海道にこだわった情報です。

北海道内からご覧の皆様、ぜひ、地域情報の再発見をしてみてください。今まで知らなかった面白いことが沢山見つかるはずです。

北海道外からご覧の皆様、ぜひ、北海道発の様々なものに興味を持って、そして試していただければと思います。

ページ上部へ戻る