【North Music Diffusion】レイリアルアレイ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

春になり、新しいバンドがどんどん結成されています。

今回は今年1月結成し、1stミニアルバム「eater」をリリースしたレイリアルアレイの皆さんにインタビューさせていただきました!

 

Vo.&Ba. 中村悠佑

Gt. 薄田賢人(都合により欠席)

Dr. 中田真琴

 

今年結成されてまだ間もないバンド、レイリアルアレイですが、まだ知らない方も多いと思います。まず、どのようなことが基盤になっているバンドなのか教えてください!

 

中村:組んだときに一番に考えたことは、「僕が何を歌いたいか」でした。「泣かせる歌」とか、「笑える歌」とかは世の中にたくさんあるじゃないですか。それはとても素晴らしいことで。だけど、俺が歌いたいのはそういうことじゃないなと。人それぞれみんな違ういろんなこと考えているのに、誰も彼もが同じ歌で泣いて同じ歌で笑ってっていうのはおかしな話だな、という風に思って。泣いたり笑ったりは出来ないかもしれないけど、「自分は一人じゃないな」ってちゃんと思ってもらえるような、「自分はみんなと考えが違うな」って思っている人たちに寄り添える音楽というか。そういうものを作りたいなという風に思って、このバンドを始めました。

 

 

1st demo 「愛撫する」を聴かせて頂きました。この曲も先ほど仰っていたように寄り添う音楽というか、包み込むような感覚がありました。曲調も歌詞に合わせたような感じで作曲しているのですか?

 

中村:そうですね。今回新しくリリースした音源(eater)ではちょっと違うこともやっていますが、基本的には一番「言葉」を大事にしたいな、というのは思ってて。その音楽の雰囲気とかももちろん人には感情として伝わるものだと思います。それよりも言葉の方がわかりやすいんじゃないかと思っていて。その、歌詞との兼ね合いというか、一番最初に出てきた言葉のフレーズから曲を書いたりしています。

DSC_0044-2

Dr. 中田(左) Ba.&Vo.中村(右)

 

 

では、新しくリリースされる「eater」のことを詳しく教えてください!

 

中村:はい!「eater」は、5曲入りのミニアルバムになります。以前デモとして出していた「愛撫する」という曲も新しくレコーディングし直しました。「eater」というタイトルは「食べる」という意味の「eat」に「er」をつけました。その「eater」は僕の中では「捕食者」という意味で、「戦う」という意味でもこのタイトルを付けました。「君は自由になれたかい」は社会との戦い、「透明な柱の森」もそうかな。「シツメイ」は親子での戦いではないけど、もともと戦争の歌なので戦って散っていった感じ。「愛撫する」は地球と人との戦い。そういう感じで「戦い」というテーマに統一してアルバムは製作しました。

 

 

収録曲の解説をお願いします!

 

M1.eater

 

中村:この曲は「戦う」というテーマを決めてから作り始めました。一番苦労して作った曲ですね。

中田:難しいし。

全員:(笑)

中村:ね。ドラムの苦労を語って。(笑)

中田:もう…気持ち悪いよね(笑)

全員:(笑)

中村:それまでの4曲は僕がギターとベースと歌だけを持って行ってドラムをつけてもらっていたんですけど、この曲はドラムをある程度打ち込んで作ったんです。したら普通やらないようなフレーズができちゃってて、それを再現させようとしちゃったもんだから、苦労しましたね。やってても、本当につい最近まで固まらないなっていうのがあって。「eater」は歌いだしの一言で言いたいことを詰め込みました。「食べることを続けたまま僕たちは大人になれない」。僕の中での「大人」は…いろんなことを犠牲にして大人になっていくっていう考え方ももちろんあるんですけど、いろんなものをそんなに痛めつけて大人になるのは嫌だなっていうか…本当に何だろうな(笑)僕の感性でしかないんですけど、そういう気持ちがあって書いた曲ですね。結構トリックプレイが入ってるような曲で…5月1日から始まる道内ツアーの旭川で初めて披露する曲なので、札幌で演奏したときにどのような反応があるのか気になる曲でもあります。

 

 

M2. 透明な柱の森

 

中村:この曲も僕の想像から出来た曲、空間になりますね。僕の家の近くに森があるんです。その近くの森の木っていう自然のものが、ヒトの手によって作られたものだったらどうなるんだろうなっていう風なことを最初に考えて。それがガラスの棒が地面からブァーって生えてる感じ…って考えていたら、自然にある「木」の距離感って、実は日の光を浴びるためにああいう距離感になっているから、ランダムなようでランダムじゃないんですね。それが人工物に置き換わったときって、その距離感は人の心の距離感とかに表すことが出来るんじゃないかなと考えて。ダンスロックっぽい音楽ではあるんだけども、歌っていることは「楽しめ!」みたいなことじゃなくて。なんだろう、歌詞とのギャップがあるというか。一番キメが多い曲なので、演奏している側としてもやってて楽しい曲です。ね(笑)

中田:難しいけどね…(笑)

中村:だいたい難しいって言われる俺の曲。(笑)

 

 

M3. シツメイ

 

中村:最初は「戦争」の歌だったんですよ。それが今は「親子」の歌になっていて。「シツメイ」の「シツ」は「失」ですが、「メイ」はだいたい「明」か「命」だと思うんですけど、そこに僕は「名」という意味合いも入れたんです。僕はまだ親という立場を経験していないのですが…いつか結婚して子供が生まれた時に僕は「中村悠佑」っていう名前を失くして「中村○○の父親」っていう立場に、そういうキャラクターになるんじゃないかなって思ったのがひとつあって。ひとりの人間幸せっていうか…僕はまだ「親になることが幸せだ」ということを断言できませんし、僕から見て僕は親の個人としての幸せを奪っているし…それでも親は僕に深い愛情を注いてくれているって考えて作った曲です。序盤がシューゲイザーっぽい、歪がかったような曲なんですけど、「命」を殺そうかっていう瞬間にふっと静かになるんです。そこからまた新しく明るい雰囲気に盛り上げて行く曲なので、場面転換を一番意識していますね。

 

 

M4. 愛撫する

 

中村:この曲はこのバンドを始めて一番最初に出来た曲です。多分、こんなことを言うと笑われるかもしれないんですが…(笑)

中田:どうしよう、さっきから笑いをこらえているからね(笑)

全員:(笑)

中村:そう、中田とかに言うと笑われるんですこれ(笑) 僕がよく考えていることは、僕たちって「地面に足を着けて」生活をしていると思ってるじゃないですか。でもそうじゃなくて、「足に地面が着いている」。地球の方が僕らに寄り添ってくれてるんじゃないの?っていう、地球側の視点でこの曲を書いていて。それが多分、色々な考え方に寄り添っていけるポイントになるんじゃないかなって。そうありたいなって思います。曲の一番の転換部分であるCメロに「空を飛んだ夢を見ている」っていうフレーズがあるんですけど、これはもう本当にヒトの目線じゃなくて地球の目線から書いているようなフレーズで…何(笑)

中田:いや、ほお~って思って(笑)

中村:(笑) このフレーズに3拍子がすごく当てはまって心地よくて3拍子にしました。最初にこの曲を作った時にはベースラインとボーカルしかなかったんです。だからギターの薄田からは「曲覚えづらいし、弾きづらい」とも言われたような曲で。僕の感覚を突き詰めた曲なので、色んな人が聴いていて馴染むのかなあ、と思う曲ですね。(笑)

DSC_0035

中村の発言に微笑む中田

 

 

M5. 君は自由になれたかい

 

中村:「モンスターズクラブ」っていう映画があって、主人公が爆弾魔なんですよ。爆弾魔と言ってもどこかに設置して逃げるとかじゃなくて、人里離れた山奥で爆弾を作っていて。大きい企業とかに「社会はこう変えるべきだ」って送りつけて爆発させたり。でも自分は山の中で鹿とかを獲ってっていう生活をしているんです。でもその爆弾魔の主人公はどんどん壊れていくっていうような映画なんですけど。その映画の中で「自由」っていうワードがいっぱい出てきてたんですよ。一つのキーワードみたいに。その時に「自由って、何なんだろうな」って思ったんです。漠然とした考えではあるんですけど。その、僕から見た主人公っていうのはものすごく「不自由」に思えたんですよ。でも主人公本人は「自由だ」って確かに言い続けてて。その主人公に向けて「君は自由になれたかい」って歌った曲でもあります。逆にその主人公から僕に「君は自由になれたのかい」って聞かれるような気もするんです。そんなことを歌った曲ですね。レコーディングでは一番歌に気持ちが込もっていたし、細かい雰囲気に気をつけた曲です。

 

 

お話を聞いていると、レコーディングも結構苦戦しているように思いますが…

 

中田:そう!そう!メトロノームを聴いて合わせるっていう単純作業が、できなくなります!

全員:(笑)

中田:レコーディングとなると、普段できていることが出来なくなりますね。そこに苦戦しました。あの空間には…鬼が棲んでいます。

中村:(笑) でも今回はわりとスムーズな方じゃなかった?

中田:慣れてる曲はね!でも「eater」とかさ、とんでもないっしょ… 自分でやったら出来る範囲で出来るけど、パソコンっていろんなことできるじゃないですか。それをやれやれって…できるわけねえべや!?って!

全員:(笑)

中田:そんな感じでした(笑)

中村:僕はなんだろうなあ、ベースボーカルなので、ベースは難しいことはやっていなんですよね。なので、フレーズの難しさよりもニュアンスの出し方というか曲によっての音作りが。その辺りは苦戦しましたね。でもレコーディングはそうでもなかったかな…僕レコーディング好きなんです(笑) 中田と薄田はレコーディング嫌いで。

中田:嫌いですね。

中村:僕は楽しいから好きなんですけどね…(笑) ボーカルの方は、普段楽器持ちながら歌ってるのを楽器を持たずにやるっていうのが難しくて。ギターも弾いたりするんですけど、ギター弾きながら歌うのとベース弾きながら歌うのとでは全然歌い方が変わるんですよね。それで楽器を置いて歌うのもまたちょっと違った歌い方になって。リズムの取り方とかがちょっと変わるんですよね。そこで一番苦労しました。

DSC_0040

レコーディングは楽しいです、と笑顔で語る中村

 

 

リリースツアーで色々な地域に行くと思いますが、楽しみなことはありますか?

 

中田:うーん………うーん

中村:えっ、ないの!?

中田:いや、楽しみだよ!楽しみだけど、なにが楽しみかなって!

中村:あ、ほんと?

中田:いやでも、違う場所でライブが出来るっていうのは本当に楽しみです。

中村:1日に旭川でライブするんですけど、僕旭川に友達がたくさんいて。別に旭川出身ってわけじゃないんですけど…

中田:タイ出身だもんね!

中村:それ顔の濃さだけだわ!(笑)2~3年ぐらい旭川に通う用事があって毎週のように通ってたんです。そのときに出来た友達がたくさん来てくれるみたいなので、それがまず楽しみですね。あとは普通に、普段絶対こんな事言わないんで取材用とか思われちゃいそうなんですけど…メンバーの事、好きなんですよ俺。

中田:(笑) 取材用です!(笑)

中村:違うの!わかってるべ!?

中田:はいはい続けろ!(笑)

全員:(笑)

中村:なんかこう、普通に、この三人で遠出するってことがすごい楽しみで。ドライブって言ったらあれですけど、道中もとても楽しみだなっていうのはすごい思ってます。あとはやっぱりいろんな所でいろんな人が僕たちの音楽を聴いてくれたらいいなって思ってます。

 

 

今後活動していくにあたって、挑戦して行きたいことはありますか?

 

中田:道内行ったら、次は道外に行ってみたいですね。

中村:それはあるね。

中田:そして自分の技術を磨きつつ、もっと上を目指して行きたいです。ドラムの中田です。

全員:爆笑

中村:今自己紹介!?

中田:最初に戻った(笑)

中村:そうですね…僕は今まで書いたのがバラードっぽい曲もあれば、ダンスロックっぽい曲もあったり、いろんなことをやっているので、曲を作る上でいろんなジャンルに手を出してみたいです。いろんなジャンルで、どこまで「僕らしさ」が出るのかなあ、「僕らしさ」が失われないかなっていうのは思っています。幅を広げたいですね。あとはいろんなところに行きたいです。

DSC_0041-2

上を目指して行きたい、と語る中田

 

 

お二人のお話を聞いていると、すごく音楽に愛情を注いでいるように感じられました。最後に、お二人にとって「音楽」とは?

 

中村:今だいたい家に居たらギター持ってるか、パソコン開いて音楽打ち込んでたり…っていうのを考えたら、音楽から切り離されてる時間が全然ないんですよね。生活の一部っていうよりも、自分の意識の根底に居座っているものではありますね。それが良いのか悪いのかはわかんないけど、本当に自然に「あ、なんか曲が降りてきた」っていう時もありますし。意識しなくても意識しているもの、ですかね。

中田:ぶっちゃけね、音楽がなくても生きていけるからね。でも日常生活でも音楽ないとなんかテンション下がるじゃないですか。店とか行って何も音楽かかってなかったらテンション下がるじゃないですか。悲しくなるじゃないですか。だから単純ですけど、日常生活に必ず必要なものじゃないですかね!

DSC_0068

レコ発への意気込みが感じられる一枚。

 

レイリアルアレイ

ライブ情報

5/10 @小樽goldstone

5/28 レイリアルアレイ レコ発「そこにある現実」 @colony

6/26 sound crue

8/29,30 Sapporo Neutral

 

ツイッターアカウント:@LayRealALay

ホームページ:http://layrealalay8.jimdo.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

【North Music Diffusion】レイリアルアレイの関連記事

ピックアップ記事

  1. いつもキタオンをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。キタオン編集部です。 最近、IT…
  2. 4月末に1stシングルCDを発売予定のMultipaperの皆さんにインタビューさせて頂きました! …
  3. ワンタスティックな3日間!毎年大人気のペットワン博、今年はGWの5月3日~5日の3日間に開催いたしま…
  4. みなさんは、カタンというゲームをご存じですか? カタンはボードゲームで、参加者4人で1つの島を開拓し…
  5. 4月15日に企画ライブNever say Never VOL.7を開催、同日に1st single「…
  6. 北海道の陸上、マラソンシーズンの開始を告げる、「日刊スポーツ豊平川マラソン大会」が第29回を迎え、今…
  7. 2月18日に3rd Single 「Juvenile / Game」を発売したFreaky Styl…

キタオンについて

キタオンは徹底して、「北海道」にこだわった、ローカルメディアサイトです。北海道の音楽シーンから、観光、ビジネス、物産の紹介など、幅広く情報を扱っていますが、1つだけ言えるのは、あくまで北海道にこだわった情報です。

北海道内からご覧の皆様、ぜひ、地域情報の再発見をしてみてください。今まで知らなかった面白いことが沢山見つかるはずです。

北海道外からご覧の皆様、ぜひ、北海道発の様々なものに興味を持って、そして試していただければと思います。

ページ上部へ戻る