【North Music Diffusion】内田もあ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

North Music Diffusion、今回はくろまいさんの代打でキタオン編集員がお送りします。

 

みなさんは札幌で活動する歌姫をご存知でしょうか。

透き通る美しい歌声と楽曲。

今回は、歌姫「内田もあ」さんにインタビューが実現!

4月14日に発売されるセカンドアルバム・レコ発ライブ「しあわせポリシー」について語っていただきました。

ファンの方が熱心に広めたくなる音楽とは?内田もあさんに大注目です。


 ピアノ弾き語り・北海道のシンガーソングライター

キタオン初登場、内田もあさんです

キタオン初登場、内田もあさんです

ー自己紹介をお願いします。

「シンガーソングライターの内田もあです。北海道出身札幌育ちです!ピアノで作曲しています。」

ー普段されている音楽活動について教えてください!

「基本的に自分で弾き語りのライブを行ったり、イベントに出演させていただいたりしています。最近は北海道のインディーズアーティストさんやアイドルさん、道内企業のイメージソングなど楽曲提供をさせていただいたりもしています。道外の企業からもお話があったり。これからは楽曲提供の活動も中心となっていけばいいなと思っています。」

ーピアノで弾き語りをされていますが、ピアノはいつから弾いていますか?

「習っていたのは小学校3年生から中学校2年生で、クラシックをやっていました。でも、そのときはぜんぜん上達もしていないし下手っぴだったんです。18歳から独学でまた勉強しだしました。」

ー勉強しなおそうと思ったのにはなにか理由が?

「18歳のときに会社勤めをしていて、初任給で電子ピアノを買ったんですよね。その前から楽曲製作はしていたのですが弾き語りがすごく苦手で……。ちゃんとしたパフォーマンスをしたいなと思って勉強しだしました。

歌手としてステージに立ったのは2013年8月で、そこから積極的に活動しだして2014年2月にファーストアルバムのレコ発ライブを行いました。」

 

セカンドアルバム「しあわせポリシー」

ーファーストアルバムから約1年、セカンドアルバム『しあわせポリシー』が4月14日に発売されるということで紹介をお願いします!

「ファーストアルバムはミニアルバムだったので4曲しか入れられなかったんです。

その中で、4曲を絞ったファーストアルバム『globe』がすごく評判良くて。じゃあ、すぐ継ぎ足しちゃおう!みたいな(笑)

今回の『しあわせポリシー』は9曲入りなのですが、今回もかなり悩んで……。

昔から”曲を作りたい!”という欲求がとても強くて、リコーダーで曲を作ったりしていました。なので曲のストック自体は100曲近くあるんです。いろんな曲を作っていて。ギャグ的な曲だったり、かわいい感じの曲や、かなり暗い感じの曲だったり……いろんな曲がある中で、どうしたらまとまりがでるかな?とかなり試行錯誤しました。その甲斐あって、かなりまとまりのあるアルバムになったと思います!」

ーかなり絞り込まれた中でも、やはりアルバムのタイトルにもなっている『しあわせポリシー』がお気に入りの楽曲でしょうか。

「しあわせポリシー自体は、去年友達が結婚したときに歌ってくださいと頼まれて作った曲なのですが、この『しあわせポリシー』というタイトルは絶対アルバムのタイトルにしようと何年も前から構想していたんです。自分の中で響きが気に入っちゃって。このタイトルを軸として、ふさわしい曲を選びました。

主に恋愛の曲が多いのですが、失恋ソングでも前に進もうという明るい曲だったり、友情を超えた大きな愛だったり、たくさんの幸せや愛が詰め込まれています。」

今までに製作してきた楽曲を振り返る

今までに製作してきた楽曲を振り返る

 

 

ー7曲目『ハーモナイズ』は”歌詞総選挙1位”と書いてありますが……

「そうなんです!ツイッターで私の歌詞のbotがあって。ファンの方が、私の曲の歌詞で好きなものに投票をしてくれたみたいで、1位になっていました。実は、自分ではアルバムに入れるという考えはまったくなかった曲なんです。かなりロックだし、自分の中のイメージではないかな?と思っていたので。でも、この総選挙がきっかけで、いろいろアレンジをしてみたらすごくしっくりきて!最初は構想外だったのに、もうこの曲が入ってないとダメじゃん!くらいの1曲になりました!」

ーbotから総選挙というのもすごいですね!

「そうですよね。こういう企画をファンの方がやってくださること、投票してくださることにもとても感謝しています。」

ーアルバム作りにおいて、苦労したことはありますか?

「曲自体はもとからあったものなので、今回、アレンジも、すらすらいったのですが……。アルバムだけではなく、フライヤーなども自分で製作したのですがそっちは直しの指示が10回くらいきて!(笑)。(印刷サイズから)ちょっとはみ出るから、……いや、でも私もここはぎりぎりに詰めたくて……。など、何度も何度も修正してすごく大変でした。」

苦労して製作したフライヤー

苦労して製作したフライヤー

 

 ファンが「広めたい」と思わせる音楽

ー”内田もあの音楽”として大切にしていることは何でしょうか。

「幸せとか愛とか、優しさを大切にしています。それとは別に、ドラマの人物だったりとか、自分以外の誰かになりきって曲を作ることもあります。基本的には自分の書きたいものを書いていますね。その中で、内田もあらしくないと思われる曲もあるかもしれません。ですがそれらも含めてみなさんに感じ取っていただいている内田もあの音楽は、私もファンの方々も一緒なんじゃないかなって感じています。

今回のしあわせポリシーは、ぜひ、しっかり聴いてほしいという思いが強いです。ドライブのときだったり、寝る前だったり、お茶を飲みながらでも……BGMとして流すというよりは、歌詞やアレンジに耳を傾けてくださったら、もっと良さが伝わるのかなって。ヘッドホンをしてじっくり聴いていただけたら、作者としては一番うれしいなと思います。」

ー音楽活動をしていて、良かったと思ったことを教えてください。

「今回このアルバムを出すにあたって、”早く4月14日になってほしい”という声をたくさんいただいて。そこまで楽しみにしてくれているんだ!って思ったり。全国各地の方から応援メッセージも届くようになって。フリーで活動しているのにも関わらず、札幌以外にも音楽を聴いてくれて楽しみにしてくれている人がいるんだなと……私がすごいんじゃなくて、私のことを広めてくれるファンの方が本当にすごいなと思います。とても感謝していますし、心が温まります。」

ー内田もあさんは、”広めたいアーティスト”なんだと思います!

「本当にそういってくれる方が多いんです。ファンの方々は、どうしてそこまでしてくれるんだろう、ってくらい……。もっとみんなに知られていいア-ティストだって言ってくれたり。CDを10枚くらい買ってくれたファンの方がいて、どうしたんですか?って訊いたら、”押し売り用なんだよね、みんなに聴いてほしいから”といって配布してくださっていたり。ファンの方が本当にすごくて、どんどん拡散してくれて…。私そんなにすごくないのに!と思っています。本当にありがとうございます。」

ファンへの感謝の気持ちを語る

ファンへの感謝の気持ちを語る

 

 

 4月14日ワンマンライブに向けて

4月14日のレコ発ライブに向けての意気込みをお願いします!

「ライブが決まってから毎日ライブのことを考えています。そんなに大きな会場ではないし、お金もあまりかけられなかったりと出来ることが限られている中で、どんなエンターテイメントができるかなと。とにかくみんなの笑顔がみたくて……そればかり考えています。

ファーストアルバムのレコ発ライブのときには、ステージの経験が浅く、未熟な部分もあったと思います。そこからたくさんお仕事をいただいて、ステージにもたくさん立たせていただいて。楽曲の振り幅も広くなったと思います。きっと、成長した内田もあを感じ取っていただけると思います!

前売りの椅子席は完売してしまったのですが、当日券の立見席はまだ少しチケットがあります。火曜日の20時からと少し遅い時間なのですが、お仕事帰りの方にも見られる時間にしてありますのでぜひ見に来ていただきたいです。」

ーでは最後に、ちょっと変わったキタオン、そして読者の皆様にメッセージをお願いします!

「ちょっとというか、けっこう変わってると思います!(笑)私自身も、ファンの方からけっこう変わってるって言われるんです。変わりもの同士、仲良くしましょう!」

 


チケットのお問い合わせ

ワンマンライブチケット、残りわずか!(ライブ情報はこちら

4月14日内田もあワンマンライブしあわせポリシー、チケットが当日券のみ、残りわずかのようです。

チケットのお問い合わせは内田もあさんまでメッセージを!

Twitter

Facebook

アメブロ


 

編集後記

 今回内田もあさんのステージを見たことがあるスタッフの強い推奨で内田もあさんへのインタビューが実現しました。

音楽やお店など素敵なものには「大きくなってほしいけど、遠くなったらさみしい……」という感情が芽生えることもあると思うのですが、内田もあさんのファンの方は「積極的に広めたい!」という方が多いようです。

そんなファンの皆さんのお話をされているとき、涙ぐむ内田もあさん。そんな人柄のよさも、応援したくなる理由なのだと思いました。

内田もあさんの楽曲は、本当に心が美しいんだなと思う、優しい気持ちになれる曲がたくさんあります。しあわせポリシー、ライブもアルバムも、ぜひ。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

キタオン 編集部

投稿者プロフィール

北海道の情報をあなたに伝えたい! キタオン編集部です。
美味しい物から面白い事まで、日々奔走しています。

この著者の最新の記事

【North Music Diffusion】内田もあの関連記事

ピックアップ記事

  1. 6月に全国ツアーを行い、北海道に帰ってきたばかりの藤井蛍さんにインタビューさせていただきました! …
  2. 函館港まつり 昭和10年からの歴史を数える、函館最大級のイベント「函館港まつり」は、8月1日(火)…
  3. DO IT NOW THE LAMINAZ 04 による2nd Single …
  4. Freaky Styley、キタオン4度目の登場です! 今回はボーカルの宮城さんお一人にインタ…
  5. 2017年6月10日(土)札幌で「ヒッピーズ寄席スペシャル さっぽろ落語全集第一…
  6. Last Warning / Living Dead Freaky Style…
  7. ボードゲームに勝利して、ドイツを目指せ! 2017年5月28日(日)に「カタン」日本選手権の北海道予…

最近の記事

キタオンについて

キタオンは徹底して、「北海道」にこだわった、ローカルメディアサイトです。北海道の音楽シーンから、観光、ビジネス、物産の紹介など、幅広く情報を扱っていますが、1つだけ言えるのは、あくまで北海道にこだわった情報です。

北海道内からご覧の皆様、ぜひ、地域情報の再発見をしてみてください。今まで知らなかった面白いことが沢山見つかるはずです。

北海道外からご覧の皆様、ぜひ、北海道発の様々なものに興味を持って、そして試していただければと思います。

ページ上部へ戻る