【North Music Diffution】 濱田恭輔

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2014年はたくさんキタオンを読んで頂き、誠にありがとうございました。2015年も変わらずキタオンをよろしくお願い致します!

今回のゲストさんは、3月での解散、そして最初で最後のアルバム「きみ と いきたい」を発表しました札幌で活動中のバンド「疾走の理由」のギターボーカル、濱田恭輔さんにインタビューさせていただきました!

 

まず、「きみ いきたい」発売おめでとうございます!

―ありがとうございます!

 

アルバムの楽曲を先に聴かせていただきましたが、全体的にキャッチーで聞きやすいというか、すっと入ってくるような感じがしました。作曲するにあたって、気をつけていることはありますか?

―僕が作詞も作曲もしているんですが、一番はすごくその、いかに「自分らしさ」を失わないようにすること。僕はJ-POPとかを聴いて育ってきてるので…僕の世代は9mm Parabellum Bullet とか、ああいうバンドが流行っていた時期なんですよね。コピーバンドとかしてるのって。でも、僕がたまたま最初に聴いたのは山下達郎さんや、小田和正さんだったりしたので。だからそのポップ感というか、そういうのが僕の音楽には避けて通れないところがあるのかなと思っています。なのでその「聴きやすい」と思っていただけたのは、「ああ、よかった」ってすごく思いますね。

 

私はすごく「檸檬」(きみ いきたい1曲目収録)が好きで。

―ああ、うれしい…!

 

その中の「檸檬型の爆弾」というワードにすごく惹かれました。他の歌詞を見ていると、その曲の中に「相手」が居るイメージがすごく強かったんです。歌詞を作るときはその相手を想って書くことが多いんですか?

―そうですね。すごくお恥ずかしい話なんですけど…僕がわりとこう、「恋愛至上主義人間」みたいなところがあって。相手が居てくれたら何にもいらないみたいなことが曲の骨幹としてのテーマのひとつではあるんですよね。だからどうしても曲にしちゃう、みたいな感じですね。

 

曲のアレンジは全員で行っているのですか?

―そうですね。僕が作詞作曲でデモをを作って。恥ずかしながら僕は他の楽器のことが全くわからないので、メンバーを信用して丸投げというか…(笑)つけてきたフレーズにこういうニュアンスがほしいなとか、それぞれで、いやこうした方がいいよねとか、そういうのをスタジオで詰めていく、みたいな感じです。

20141223-DSC_0220

 

レコーディング中で、印象に残ったエピソードはありますか?

―今回のCDなんですけど、僕の声の調子があんまり良くないテイクを採用してるんです。であったりとか、たまたまレコーディングの日に声の調子が良くない日が当たってしまって…無理やり歌ってみたり。なので、普段のライブの時よりもガサっとした声の印象に聞こえると思うんです。それが逆になんかこう、僕の歌は女々しい歌が多いので…そういうのが伝わりやすいんじゃないかということをエンジニアの人と話してみたりして。「檸檬」のギターソロの入りでマサキユの音がファーンって、なるところがあるんですけど、あれただのミスなんです。ライブではあんなこと一切しないんです。でも一発録りなので一回通して、一回みんなで聴いてみたら意外とかっこよくて。CDはCDとして、これを採用しよう!っていうのがあったりとか。いろんなメジャーアーティストがやってるライブレコーディングってあるじゃないですか。ああいう意識で作りました。本当に純粋なライブのアルバムではないけど、ライブの質感が出せたらいいなって。失敗は失敗かもしれないけど、それがたまたますごくうまく働いたことがレコーディングでは多々ありましたね。

 

 

アルバムの収録曲を1曲ずつ解説お願いします!

M1.檸檬―この曲は元々親友のために作った曲なんです。バンドに下ろしてみたらすごくキャッチーだし、僕らの曲って暗い曲が多いからこういう曲がすごく活きるよねって話してて。今ではライブでは外せない曲になっています。梶井基次郎という方の小説で「檸檬」という小説があって「檸檬型の爆弾」という歌詞はそこから来ているんですけど…人の気持ちっていうか、その「弱さ」っていうのは人それぞれで。一概に「辛い」って言っても、例えば1億の借金があってもピンピンしている人もいれば、10万の借金で死ぬ人も居るじゃないですか。その辛さの限界っていうのは人それぞれなのに、結構人って「そんなのアフリカの人に比べたら…」とか「もっと辛い人だっているんだから、もっと頑張れよ」みたいな風に叱咤激励するのが僕はすごく好きではなくって。だから、この歌でとにかく一番伝えたかったのはCメロ明けの歌詞の「今までの君に間違いなんてないんだ」っていうフレーズなんです。これ、凄まじい肯定の仕方だと思いません?僕的にはこれが一番肯定の仕方の中でうれしいんですよ。その「檸檬」という小説に出てくる「檸檬型の爆弾」は実際にあるモノではなくて、そういう爆弾があってその爆弾をそこに置いたとして、そこで爆発したら…っていうのを想像してニヤニヤするっていうストーリーなんです。すごく掻い摘んで言うと。それをポジティブに変換して「どんな嫌なことがあっても僕がそう言ってあげるから、君が持っているそういう気持ちの爆弾でぶっ飛ばして一緒に居てほしい」っていう、そんな歌です。

 

M2.ガラナ―この曲がすごくクセ者で。僕はツイッターとかでご存知の方も多いと思うんですが、北海道限定の「キリンガラナ」という飲み物がすごく好きなんです。その、前回インタビューされていたさくちゃん(松原優作)もそうなんですけど、うちのバンド一回さくちゃんにベースのサポートをしてもらったことがあって。その時にさくちゃんが「俺が手伝うなら条件としてガラナっていう曲を作ってくれ」っていうので作った曲なんですけど(笑)僕、スキマスイッチがものすごく好きで。彼らにも「ガラナ」という代表曲があって、そのガラナは片思いの気持ちを題材にしている曲で。恋愛の歌で、しかも僕の大好きな歌手がガラナというタイトルの曲をやっていて…じゃあ僕が書く「ガラナ」は何を書けばいいんだ!ってすごく難産だった曲です。結果としてはやっぱり失恋ソングに落ち着いてしまったんですが、たまたまメンバーのアレンジとか、いままでずっとバンドをやってきた中でも、こんなアレンジの曲って無かったので…そういう意味でも僕個人としても新境地を開けたような曲でもありますし、(お客さんからの)人気もある曲なのでそこは僕にとってはとても嬉しいです。

 

M3.ユニバース―この曲はただセックスのことを書きたかったっていう。(笑)「es」という単語が出てくるんですけど…「es」は人の性みたいな意味があるんです。その「es」は語感的にはアルファベットの「S」と同じように読めるので、磁石のようにくっついたり離れたり、まあ大体はくっついてるけど。っていうことを表現したくて惑星を「N」にしました。ただ、この曲は疾走の理由ってたまたま出来た曲順が暗い曲が多いなと思ったので、ちょっとなんかこう明るくて、ライブの一発目にできるような曲が欲しいなって思ったのと、僕が本当にただただセックスのことを歌いたかったっていうだけで出来た曲です。(笑)

 

M4.熱病―MVにもなった曲なんですけど、まさかこんなに人気が出るとは思わなかった曲で(笑)疾走の理由というバンドは3月26日から始まったバンドなんですけど…3月26日にライブを始めるにあたって、元々あった曲に加えて新曲を2曲作ろうって言って作ったのが「檸檬」とこの「熱病」なんです。すごく、とにかく女々しいことを歌いたくて。そういう女々しい歌をあんまり札幌でやる人も見ないから…やってみようと思ってやってみたんですが、まさか本当にこんなにみなさんから支持というか…うけると思っていなかったので…(笑)すごく意外でもありますし、あの曲の女々しさっていうのは僕の人間性そのものという所があるから。そういうのが受け入れられたというのはものすごく自信にもなった曲です。

20141223-DSC_0215

M5.37度3分―この曲はアルバムに収録されている曲のなかで最も古い曲です。僕が前のバンド(Strange land)をやっていたときからあった曲で、たまたまその前のバンドでやらなかった曲なんですけど。この曲は僕の友人が、うつ病になってしまいまして。うつ病になってみて初めてその友人のことを、結構付き合いも長かったから全部わかっていると思っていたんですけど、わかっていないことの方がはるかに多くて。その友人のうつ病だと、すごく攻撃的になるというか、悪い意味で遠慮がなくなるといか。そうなってくると、僕もだんだんだめになってきてしまいまして。その、歌詞カードを見てもらったらわかるんですけど、わりとはちゃめちゃなことを言っているんですよね。2番のAメロから急に場面が変わったりとか。「僕は君の全部を知りたい」と言っていたのに、そのあとには「君の胸をえぐり取るナイフを僕は持ってた」って、知らぬ間に傷つけてたっていう風に急に場面が変わるんです。でもそれは意図的で。もう、「あなたがめちゃくちゃになっている時に僕もめちゃくちゃになっているよ」っていうのが歌詞には込められています。この8曲の中で最も明るくない曲なんですけど、でも、この曲をアルバムに入れられたということが僕の音楽とかも抜きにして、僕にとって生きてて一番意味のある事なんで。すごく思い入れの強い曲でもありますね。曲調で心のカオスさが出ている感じというか、僕の気持ちをすごく忠実に再現したんです。だからこの曲はとてもノりづらいと思います。(笑) でもこの曲のアルバムにおける役割はすごくデカくて、この曲があるだけでただのポップバンドじゃないんだよっていうのが伝わればと思います。

 

M6.オーダーメイドソング―この曲も37度3分と同じで、この曲の力がものすごくデカくて。この曲を作った時、最初はすごくメンバーに下ろすのをためらってしまったんです。僕はわりと、「まっすぐすぎる歌詞」を書くというのをためらってきたんですけど、この曲は本当に自分のそのときの気持ちをただただ本音で書いた曲になりました。AメロBメロまではすごくカッコつけてるんです。でも、サビで「骨の髄まで愛してほしい」と泣きわめいてるイメージです。サビで急に遅くなるし。だからすごいためらったんですけど、メンバーに下ろしてみたらこの曲がバンドで一番ハマってる曲になりました。「これが僕らのバンドの曲だ」って、胸を張って言えます。好きな人を愛するときって、泣きわめけるぐらいじゃないとなあって僕は思うんです。それぐらい本音で書いた曲だし、大事1曲です。

 

M7.ハローとグッバイ―この曲はこのアルバムの中で一番新しい曲になっています。この曲を書いた時に、「あっ、来たな」って思ったんです。僕的にはこの曲が出た事がすごいびっくりしました。高校3年生の時に曲を書き始めて、ストック自体は90曲ぐらいあるんですけど、その中でもこの曲は「マジか」って。「絶対ヒットするだろう」ってぐらいの自信がある曲です。メンバーにもすごくヒット感みたいなのを感じてもらったみたいで。僕の失恋の歌はただただ悲しくて辛くてっていうのが多い中でこの曲はちゃんと「さよなら」まで言えてるっていう決意も含めた曲になってます。このアルバムのレコーディングの最中にできた曲なんですけど、絶対このアルバムに無理やりにでもいいから入れたいという感じで。タイトなスケジュールだったんですけど、ライブで披露するよりも先にレコーディングをするっていう感じでした。(笑)そして実はMVをもう一本作っていて、それがこの曲になっています。「熱病」のほうはドラマっぽい構成になっていますが、「ハローとグッバイ」はバンドの演奏メインのMVになっています。僕の弾き語りに音を付けているだけじゃないんやで、「バンド」でやってるんやで!ってのが伝わればいいなと思います。

 

M8.つないでいるよ―アルバムを通して聴いたらこの曲はボーナストラック的に聴こえるかもしれないです。「ハローとグッバイ」がそれだけ音圧的にもでかいというのもあるんですが…「つないでいるよ」で急に静かに入っていく感じがすごくボーナストラック的な感じになると思います。この曲に関してはもう、「それでいいのかな」って思える曲で。僕がすごく大事にしてきた曲なんですけど、どれだけシンプルなメロで、どれだけシンプルなコードで、深い事を言えるのかっていうのを目指して作った曲です。この曲も難産で、すごく時間がかかったんですけど…僕の曲のなかでもトップ3に入るぐらい気に入ってる曲です。このアルバムのタイトルが「きみ と いきたい」なんですけど、「いきたい」って言っても、「生きたい」なのか、「逝きたい」なのか…「行きたい」でも「イキたい」でもなんでもいいですけどそれを全て集約して「つないでいるよ」に続いていくのかなってぐらい、意味の大きな曲になったので。この曲で終わることができてよかったと思える曲です。

 

 

アルバムのタイトル「きみ いきたい」ですが、先程も仰っていた通りいろいろな捉え方があると思います。濱田さんにとっての「きみ いきたい」はどういう風に捉えていますか?

―タイトルがひらがなになっているのは、「それが叶わなかった」という意味なんです。だから、本当のタイトルとしては「きみ と いきたかった自分がいた」の方が正しいと思います。僕は、全ての意味を包括して「きみと生きていたい」という風に捉えられればいいのかなって、思います。

 

「熱病」のMVではとても「夜」というイメージが強く印象に残りました。MVの構成等も自分で考えたのですか?

―僕も元々MVを撮る前から、疾走の理由のアー写があるんですけど、それを撮影したのは昼だったんです。アー写自体はすごく気に入っていて。でも僕らの個人的なイメージでは「夏の昼」とかではなくて「秋から冬になる、雪が降るちょっと前の夜」っていうイメージのバンドだと思ってるんですよね。曲もあまり明るくないけども、人間も明るい方じゃないので…(笑)っていうのもあって、「熱病」の世界観は一言で言ってしまうと「ただただ悲しい」、「好きな人を失って悲しい」っていうことがテーマなんですが、その中にすごく「生活の臭い」が僕の中ではあって。撮影した場所は僕の部屋で、僕ん家の近くの公園で僕ん家のマンションが出てくるんですけど(笑)僕が失恋をしたときに作った曲ではないですけど、すごく生活臭を感じ取ってもらいたかった。というのと、バンド自体が明るい方ではないから夜の方がいいなあ、という感じですね。

MV 熱病 https://www.youtube.com/watch?v=FNpC67KpbgA&feature=youtu.be

B4-lrqkCUAAmMmf

 

バンド名だけを聞くと、明るいイメージが最初にありましたが…

―「疾走の理由」というバンド名はGRAPEVINEの「疾走」という曲がありまして、その曲のフレーズに「わからないのかい 疾走の理由が」という歌詞があるんです。そこから取りました。その「疾走」という曲もめちゃくちゃかっこいいけど、明るい曲ではないんですよ。僕は札幌だと岡まことさんとか、すごく尊敬しているアーティストなんです。なんか、ネガティブによるパワーというものをすごく信じているので…明るい人間ではないです。嫌いな人もすごく多いし。

20141223-DSC_0210

3月の解散まで、残り数回のライブとなりましたが、ライブを見てくれているお客さんに何を残していきたいですか?

―お客さんに僕らはどう思われているのか、どういう風に写っているのか、僕らにはわからないんですけど…さっきも言いましたけど最初は3月26日のライブから疾走の理由がスタートした時から今までずっと、形式上僕以外は「サポート」っていう形でやってて。それは、言い方が悪いですが「嫌になったらいつでも辞められるように」っていう意味だったんですよね。前のバンドで失敗したことが大きかったので…嫌なことがあったら、いつでも辞めよ、ぐらいの軽い気持ちで始めたのが疾走の理由なんです。でも、気がついたらすごくこう、たくさんのお客さんに見てもらえて、いろんなバンドマンの人が支えてくれて…今回その、MVだアルバムだって作るとは最初は全く予想していなかったし、3月までやり切るとも思っていなかったし、こんなにいいメンバーに囲まれるとも想像していなかったことなので…もう、あと4回と終わりが見えところまできてしまったので。僕らはただただ変わらず。8月の時も言いましたけど、ステージ上で死んだとしても後悔しないライブ。「凄まじいライブ」をすることにしかこだわっていないので。お客さんには、プロでも何でもない僕らが言えることじゃないのかもしれないけど、ただ安心して見に来て欲しい。凄まじいライブにすることは絶対に保証するから。安心して見に来て欲しいです。

20141223-DSC_0214

最後に、「きみ いきたい」を聴いてくれる方に、ひとことお願いします!

―僕の前やっていたバンド(Strange land)でシングルを作ったときは、本当に「レコーディングの難しさ」および「CDの売れなさ」っていうのをすごく痛感しました。僕らが人気の無いバンドだったからかもしれないけど、ぜんぜん売れなくて。ちゃんとしたスタジオでレコーディングしたのに出来も良くなくて。自分たちの努力が足りないゆえに、売れもしないし、お金はかかるし。「CDなんて一生作らない」って思ってたんです。1年ぐらいやっていたバンドですけど、いままで自分たちがやってきたことがどれだけの価値があったのか形として見えるようなものだなって自分で思ってしまったんです。でも、今はたくさんのお客さんやバンドマンに支えられて…そしてやっぱり僕はメンバーのことが大好きで、このメンバーやエンジニアの方とCDを作ることができたのがうれしいけど、未だに信じられなくて。(笑)でも、すごく幸せなことだなと感じています。すごく偏見だと思うんですけど、「悩みなんか一つもなくてハッピーで幸せだ」なんて人はきっとこのCDを手に取らないと思うんです。僕らのライブを見ても、もしかしたら何も思わないかもしれないし。僕自身本当に大した人間じゃないし強い人間でもないので。でも、だからこそ伝えられるものがあるんじゃないかと思います。このCDはいろいろな絶望的な曲が8曲も入っていますが、「いままでのあなたには間違いなんてひとつもなかったんだよ」っていうことが僕らのCDを通して伝わればと思いますし、聴いてくれる人にとってCDという形として一生残るものなので。僕らはあくまでも「ライブバンド」なので、やっぱりライブの衝撃を見て欲しいけど…CDはCDで、その人が聴きたいときに場所を問わず時間を選ばず聴いてもらえるから、僕らそのものだと思えるぐらい魂込めて作ったCDなのでCDとしてその人の近くに僕らはずっといられると思っています。なので、大事に聴いていただけたらな、と思います!

 

濱田恭輔

twitter @sympathy2424

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

【North Music Diffution】 濱田恭輔の関連記事

ピックアップ記事

  1. 6月に全国ツアーを行い、北海道に帰ってきたばかりの藤井蛍さんにインタビューさせていただきました! …
  2. 函館港まつり 昭和10年からの歴史を数える、函館最大級のイベント「函館港まつり」は、8月1日(火)…
  3. DO IT NOW THE LAMINAZ 04 による2nd Single …
  4. Freaky Styley、キタオン4度目の登場です! 今回はボーカルの宮城さんお一人にインタ…
  5. 2017年6月10日(土)札幌で「ヒッピーズ寄席スペシャル さっぽろ落語全集第一…
  6. Last Warning / Living Dead Freaky Style…
  7. ボードゲームに勝利して、ドイツを目指せ! 2017年5月28日(日)に「カタン」日本選手権の北海道予…

最近の記事

キタオンについて

キタオンは徹底して、「北海道」にこだわった、ローカルメディアサイトです。北海道の音楽シーンから、観光、ビジネス、物産の紹介など、幅広く情報を扱っていますが、1つだけ言えるのは、あくまで北海道にこだわった情報です。

北海道内からご覧の皆様、ぜひ、地域情報の再発見をしてみてください。今まで知らなかった面白いことが沢山見つかるはずです。

北海道外からご覧の皆様、ぜひ、北海道発の様々なものに興味を持って、そして試していただければと思います。

ほっかいDOバザール新着商品

  • No items.
  • ページ上部へ戻る