【North Music Diffution】  松原優作

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

寒くなりました!今回はBIT mastersの北海道予選にて2年連続優勝し、決勝大会に出場した超実力派ベーシスト松原優作さんに単独インタビューをさせていただきました!

 

 

まずは、決勝大会お疲れ様でした!

― ありがとうございます!

 

2年連続で優勝して決勝大会に出場したわけですが、2年連続で出場することができると決まったときの心境をお聞かせください!

― 1回目が去年北海道予選。通った時は「行けるな」って思ってたんです。去年はかなり自信があって、「これは行ける」と思ってベース弾いて、実際に行けたんですけど、今年の北海道予選は上手い人が結構多くてちょっとヒヤッとしましたけども、心の底では今年も行けるような気が、ちょっとした自信があって。いざ、自信を持ってベースを弾いたらちゃんと音に(自信が)出てくれた、みたいな感じでした。

 

 

ベースを始めるきっかけは何だったんですか?

― きっかけは、高校2年生の冬だったんですけど…当時吹奏楽部に入ってまして、コントラバスを担当していたんです。コントラバスを弾いていて、学校のコンサートでポップス、J-POPを吹奏楽アレンジで演奏する機会が結構あったんですけど、そのときコントラバスだとちょっと最近っぽくないというか、J-POPの若々しさが出ないということでたまにエレキベースを弾かせてもらう機会があって。で、その当時の顧問の先生に「エレキベースもそれなりに弾いておけるようになっておけよ」って言われて「じゃあ買おうかな」って思って自分で(エレキベースを)一本買って。それから、もう狂ったようにハマりました(笑)

 

 

もう楽しくてみたいな…

― もう楽しくて仕方なかったって感じですね!

 

 

そこから音楽の道に進もうと思ったんですか?

― そうですね、高2の冬だったので…すぐ3年生になってしまって「進路どうしよう」「どこ行こう」「学校行くか」「何をするか」とか…結構路頭に迷っていたんです。何せ勉強もあまり出来なくて、大学にもし入れたとしても卒業できるような脳みそを持っていなくて(笑)だから、「成績関係ないところに行こう!」と思って(笑)じゃあ、専門学校に行こうと思った時に何を専門的に学ぼう、やっぱり音楽かな、って思って音楽の専門学校に行って。まあ音楽の専門学校に入ったからには、卒業してからも音楽やるんだろうなって思ってて。最初は結構軽い気持ちで願書を出したんです。でも専門学校でいろいろ学ぶにつれて、ああ、もうこれ、本当に(音楽を)やらなきゃいけないんだって思って。もっと自分を追い込まなきゃだめだなって思って。覚悟を決めたのが専門2年の夏でした。

 

 

バンドを組んだのは専門に入ってからですか?

― そうですね。専門学校入るまでは地元にあんまり(バンドできるような)楽器やってる友達がいなくて。専門学校入ってからいろいろ知り合いが増えてバンド組んでみようかなって始めました。

 

 

現在バンドをいくつか掛け持ちしていらっしゃいますが、それぞれのバンドでの切り替えは大変じゃないですか?

― 大変ですね正直。結構ジャンルの違うバンドを2つ掛け持ちしてまして。ひとつはちょっと古めのロックかな、女性ボーカルで。もうひとつがもう…ふざけ倒すコミックバンドみたいな(笑)たまにスタジオ練習がふたつとも続けてとか、2時間入って待ってまた2時間入るみたいなこともあるんですけど…やっぱり頭ん中切り替えて、別人が弾いてるようにやっているんですけど。なんか、両方のライブに来てくれたお客さんには「別人みたい」ってことはよく言われます。頭の中切り替えて、まるで松原優作が2人いるみたいな感じで演奏させてもらってます。

 

 

音作りもそれぞれのバンドで変えてますか?

― そうですね。弾き方やフレーズとかも変えています。

 

 

ベースや音楽をやっていて、良かったと思うことはありますか?

― 楽器をやっていると、楽器をやっている知り合いが増えるんですよね。本当に音楽が好きな人ばっかりと知り合えて。僕も音楽とか楽器とかが好きなんで、本当に共通の趣味を持ったばっかりと出会っていく人生になるので。やっぱり一番は、人との出会い、繋がりが増えたこと。あとは実際にステージに立ってみて、たくさんのお客さんの前で演奏して。演奏する側もすごい楽しいし、それを聴いてお客さんも楽しんでくれるっていう、なんかこう、お互いメリットしか無いような関係がすごく心地よくて。もうやめられないなあ。(笑)

 

 

今後個人として、バンドとして、挑戦していきたいことはありますか?

― 個人としては、一人のベーシストとして名前を広めたいなと思ってて。そもそも、大会に出たのが自分の名前を知ってもらうためだったので。「札幌で、ヤバいベーシスト3人挙げて」って言われたら入るぐらいにはなりたい。最終的には日本、世界で活躍するベーシストになりたいです。

バンドの方は…今2つやってて「どっちがメインなの?」「どっちが本気なの?」って聞かれても答えられないです。どっちも本気でやってるし、どっちも、もっと上に行きたいと思ってるので。最終的にはバンドでメジャーデビュー。やってやりたいなと、思っています。

 

 

最後に、松原さんにとって「音楽」とは?

― むずかしいなあ…(笑)地球上の生物でも「音」は出せる。でも、人間だけがひとつひとつの音をちゃんと理解しようとしてて。ハーモニーとかメロディーを考えて、それを「奏でる」唯一の生き物だということを大事にしたいです。人の心を動かす、人と人を繋げる、笑ったり泣いたりできる、ひとつの「表現方法」です。

 

 

松原優作

Twitter:@sakuchas0

BIT MASTERS2014本選(松原優作 6:52~):https://www.youtube.com/watch?v=8OSlJ8ZrFzQ

BIT MASTERS2014本選レポート:http://gakki.me/c/?p=TCON_BITMASTER2014.html

ライブ出演情報(つぶつぶ✩MAME✩大福):Four Seasons Party Vol.4

JIMMYLIFE

Twitter:https://twitter.com/jimmyjimmylife

YouTube:http://youtu.be/ZIvnJpHOLE8

ライブ出演情報:ライブガラナ12周年スペシャル

ゴキブリ神神

YouTube:http://youtu.be/2l6Mbjxhwsw

ライブ出演情報:HEART LAND 5周年記念FES

FSR2015

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

【North Music Diffution】  松原優作の関連記事

ピックアップ記事

  1. 6月に全国ツアーを行い、北海道に帰ってきたばかりの藤井蛍さんにインタビューさせていただきました! …
  2. 函館港まつり 昭和10年からの歴史を数える、函館最大級のイベント「函館港まつり」は、8月1日(火)…
  3. DO IT NOW THE LAMINAZ 04 による2nd Single …
  4. Freaky Styley、キタオン4度目の登場です! 今回はボーカルの宮城さんお一人にインタ…
  5. 2017年6月10日(土)札幌で「ヒッピーズ寄席スペシャル さっぽろ落語全集第一…
  6. Last Warning / Living Dead Freaky Style…
  7. ボードゲームに勝利して、ドイツを目指せ! 2017年5月28日(日)に「カタン」日本選手権の北海道予…

最近の記事

キタオンについて

キタオンは徹底して、「北海道」にこだわった、ローカルメディアサイトです。北海道の音楽シーンから、観光、ビジネス、物産の紹介など、幅広く情報を扱っていますが、1つだけ言えるのは、あくまで北海道にこだわった情報です。

北海道内からご覧の皆様、ぜひ、地域情報の再発見をしてみてください。今まで知らなかった面白いことが沢山見つかるはずです。

北海道外からご覧の皆様、ぜひ、北海道発の様々なものに興味を持って、そして試していただければと思います。

ほっかいDOバザール新着商品

ページ上部へ戻る