North Music Diffusion – プリメケロンにインタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
プリメケロン
(L→R)
長谷美沙紀(Dr.&cho.) 古谷隆祐(Ba.&cho) 阿部さとみ(Key.&Vo)

 

7月だ!夏だ!夏といえば夏フェスだ!!!!!というわけで、今年もどっかのフェスに行きます!遭遇したらビアーで乾杯いたしましょう!!くろまいです!

7月はわたしもライブが3本ございます!詳しくはTwitter(@krdm_gypsy)まで!今月も夏と同じぐらいアツいゲストさんです!!

1月に新ドラマーが加入し、5月に1stシングル「ninoude」を発売!レコ発企画ライブ直前のプリメケロンのみなさんにインタビューさせていただきました!

1stシングル、「ninoude」発売おめでとうございます!
全員:ありがとうございます!

新メンバーになって初めての音源ですが、「前とはここが違う!」というところはどこですか?
阿部:んーと、3人でコーラスができるようになりました!

古谷:うん、そうだね。
阿部:それもあって、更に平和なピースフルバンドになった気がします。
古谷:なんか言いたいことはわかる(笑)

レコーディング中のエピソードを教えてください!
阿部:深夜だったよね(笑)
古谷:テンションがなんかよくわかんないことになってて…
長谷:わりとわたしは全然大丈夫で。
古谷:そうだよね(笑)
長谷:夜型だから

みんな眠たかったんですね(笑)
古谷:なんかね、もうすんごい!
阿部:メ○シャキ飲んでピアノ弾いてみたいな(笑)
古谷:もうおじいちゃんだからね…ひどかったよありゃ…(笑) でも、わきあいあいだったよね。
長谷:あんまり、3人でまとめて録るってことなかったんじゃないですかね?
古谷:そうだね~
阿部:そうだ、それがあったね!
古谷:初めてだったんじゃない?3人で一発録り。
阿部:なんか、できるんじゃない?って感じで(笑) でも、このやり方で正解だったよね。
長谷:一発録りじゃないとできない曲もあったし。
古谷:確かに(笑)
長谷:あれドラムから録ってくれって言われたらぜっっったい無理!(笑) 三曲目!(笑)
古谷:俺もたぶんしぬと思う(笑)

普段、曲作りはどんな風に行っていますか?
阿部:古谷さんが持って来たり、阿部が持って来たり。
阿部:最近はうちが作詞作曲して持ってきて、アレンジをみんなでやってっていうか、二人に考えてもらってってことが多いです。

長谷さんをプリメケロンのドラマーとして誘った理由は?
長谷:それ気になります!

阿部:ドラムを探さなきゃいけないねって時に、一番最初に名前が出てきたんです。
長谷:それが不思議…しかも、何度か話したことあるんですけど、ドラムのお誘いが来る前日に夢を見てるっていう。
阿部:そうだ!奇跡の夢の話!(笑)
長谷:ツイッターかなんかで「ドラム脱退します」みたいな情報をみて、もともとプリメケロンのことは先輩なので知ってたので「まじかよ!」ってなって。いなくなっちゃうんだ、どうなるんだろうなーって思った日に、夢で「長谷さんドラムやりませんか?」「サポートやりませんか?」みたいなお誘いを受ける夢を見て。その夢を見て起きた日に、古谷さんからメールが来たんです。「やってみないか長谷ちゃん!!」みたいなメールが。 正夢か!?ってなってすごい目が冴えました(笑)
古谷:もともと阿部さんはね、男のパワフルなドラムが欲しいって言ってたよね。
阿部:うんうん。
古谷:でも、それも欲しいっちゃあ欲しかったけど、「歌えるドラム」が欲しかった。
阿部:そうだね~
長谷:しかも、男にも負けず劣らずなパワフラーですからね(笑)
古谷:それはね、一緒にやって思ったよ。びっくりしたもん(笑)
長谷:よく言われる(笑)
阿部:そこまでなんか、オスオスしたドラムだと思ってなかったんですよ。一緒に合わせてみて「あ、こんなドラムだったっけ、そっか~」って。
長谷:その時代たぶん一番オラオラしてた時ですね(笑)
古谷:何も捉われるものがなかった時か(笑)
長谷:一番言われてた。「すごいパワフルなドラムですね」って。「女性ドラマーであんなパワフルなのあんまり見たことない」ってすごい言われ続けて。それが良いのか悪いのか全然わからなくて途方に暮れている時期ですね。(笑)「いいのかな…嬉しいけどいいのかな…」って。今は落ち着いたなあ~(笑)
古谷:お、じゃあ書くか!曲!
長谷:いや~コードの勉強しようと思ってて。
古谷:オスオスしい曲を(笑)
阿部:雄々(おお)しいでいいと思うよ!(笑)

東京でのライブも決まったそうですね!
古谷:そうです!そうなんです!
阿部:初めての東京!
長谷:あれ、東京いったことないんですか?
阿部:行ったことはある。ライブは初めて!
長谷:私は遠くでライブに出るのが初めてです!
古谷:今回、4月に対バンしたヒグチアイさんが企画にお誘いしてくれて、8月の22~24日の3日間、東京に行ってきます!
阿部:そのうち、23日と24日がライブで。
長谷:ヒグチさんの企画が23日です!

東京に行くにあたって、楽しみなことはありますか?
阿部:東京でライブに出るのが本当に初めてなので、どんな空気でライブができるのか気になります!
長谷:生ピアノですよ、グランドピアノ!
阿部:そう!グランドピアノが設置されている会場らしくて、それがすっごい楽しみです。
古谷:お客さんの熱がどういう感じなのかっていう。北海道の中だけでも曲のノリ方ってすっごい地域差があるので。
長谷:ぜんっぜん想像がつかない!
古谷:あとは人の多さに俺泣くと思う(笑)
長谷:私、電車で泣くと思う(笑)
阿部:まず辿り着けるのかっていう(笑)このメンバーになってから北海道以外でライブをするのが初めてなので、とても思い出深い3日間になりそう。

プリメケロンの曲でお気に入りの曲はありますか?
阿部:なんだろうな~
古谷:俺は全部。自分弾いてるんだから全部好きに決まってるっしょ!
長谷:まだ聴いたことない曲あるからな~…
阿部:そうだ、新メンバーならではの(笑)
長谷:「四畳半メランコリー」かな、あれドラム叩いてて楽しいですね!すごい楽しい!
阿部:なんだろう、ライブで歌ってるときって、自分が今歌っている音程だったりとか、次の歌詞がこうだとか、こういう雰囲気で歌いたいとか考えごとしながら歌うんですけど、そういうの無しに好きに歌っていいやって思えるのは、まだライブでやったことない曲なんですけど「シンガポーダイナソー」(ninoude三曲目収録)って曲で。それ歌うときはもうなんも考えなくていいや!って。
長谷:なにも考えてなさそう(笑)
阿部:聴いてもらったらわかると思うんですけど、ほんとにぶっきらぼうに何にも考えずに歌ってるなこの人ってなると思います。
古谷:逆に小技とか使ってきたら「お前なにか考えたべ!」って思いそう。「こしゃくな手を使いおって!」って(笑)
阿部:その曲だけ違う考え方で歌ってますね。スイッチ切り替えて。

今回のレコ発企画ライブで、こだわったところはどこですか?
阿部:メンツ?
古谷:うん、集めたバンドがパレードパレードとモノポックルなんですけど、ここ(古谷、阿部)と同い年で。ショージくんが長谷と同い年なんだよね。
長谷:らしいですね。わたしまだ出会ったことがないんです(笑)
古谷:同い年のバンドってやっぱりいろいろ影響は受けるし、気も合うし。あいつらのやってる音楽もすごい好きだから。
阿部:だいぶ前にも一度対バンさせてもらったりとかしててそれぞれ会ってて…レコ発企画なので私たちがCDを出すっていうライブなんですけど、その話が出る前からその3組で対バンの企画やりたいねって古谷さんが言ってて。CD出すっていう話が後からついてきたぐらいの。それぐらいこの3マンにはこだわりました。
古谷:もう大好きだもんね!大好きだもん!俺あいつらと早く酒のみたいもん(笑)
阿部:やっぱり同い年っていうのもあるので、とても楽しみにしています。

最後に、企画ライブ「I hug you,You hug music!!」に向けてひとことお願いします!
古谷:今回、moleでやるんですけど、あそこは広がる感じもあるし、包まれる感じもあるし。演ってて気持ちいいライブハウスなんです。自分がお客さん側でも、気持ちよく聴けるライブハウスだと思うので、みなさんは、「音に包まれに来てください」。そして、企画のタイトル(I hug you,You hug music!!)の通り、「音を抱きに来てください」
長谷:みなさん同い年って言ってましたけど、わたしにとってはみんな年上で先輩なわけですから。孤独の戦いじゃないですか。知ってる人もたくさんだし知り合いもたくさんだし、すごいって思ってる人もたくさんいるわけで。もう、「負けてたまるか!!」って思ってます!頑張ります!みんなと仲良くなります!お客さんとも、出演者とも!
阿部:3マンの出演バンドがやっぱり大好きなバンドなので、自分にとってもアツいし、来てくれるお客さんにも、札幌で一番アツいライブになるんじゃないかなって思ってて。自分達がCDを出すっていうのもあるし、各バンド演奏時間がたっぷりあるんです。今まで、そんなにたっぷりな時間演奏することって珍しいので、「プリメケロンってこんな曲があるんだよ、こんな曲もあるんだよ」っていうのが全部出せるような気がしてて。もうすでにわくわくしています!!

ホームページ:http://primekeron.jimbo.com/
YouTube:https://www.youtube.com/watch?v=rW7FlCuKPqQ&feature=youtube_gbata_player
Twitterアカウント:@primekeron

プリメケロンのみなさんありがとうございました!
来月はスペシャル対談!おたのしみに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

North Music Diffusion – プリメケロンにインタビューの関連記事

ピックアップ記事

  1. 6月に全国ツアーを行い、北海道に帰ってきたばかりの藤井蛍さんにインタビューさせていただきました! …
  2. 函館港まつり 昭和10年からの歴史を数える、函館最大級のイベント「函館港まつり」は、8月1日(火)…
  3. DO IT NOW THE LAMINAZ 04 による2nd Single …
  4. Freaky Styley、キタオン4度目の登場です! 今回はボーカルの宮城さんお一人にインタ…
  5. 2017年6月10日(土)札幌で「ヒッピーズ寄席スペシャル さっぽろ落語全集第一…
  6. Last Warning / Living Dead Freaky Style…
  7. ボードゲームに勝利して、ドイツを目指せ! 2017年5月28日(日)に「カタン」日本選手権の北海道予…

最近の記事

キタオンについて

キタオンは徹底して、「北海道」にこだわった、ローカルメディアサイトです。北海道の音楽シーンから、観光、ビジネス、物産の紹介など、幅広く情報を扱っていますが、1つだけ言えるのは、あくまで北海道にこだわった情報です。

北海道内からご覧の皆様、ぜひ、地域情報の再発見をしてみてください。今まで知らなかった面白いことが沢山見つかるはずです。

北海道外からご覧の皆様、ぜひ、北海道発の様々なものに興味を持って、そして試していただければと思います。

ほっかいDOバザール新着商品

  • No items.
  • ページ上部へ戻る