North Music Diffusion – キリン組にインタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

だいぶ夏らしくなってまいりましたね!くろまいです!

わたくしもバンド活動が活発になってきました!とあるバンドに加入いたしまして、20日に早速ライブがございます。SUSUKINO810にて!詳しくはツイッター(@krdm_gypsy)まで!

今回はとってもかわいらしいゲストさんにインタビューさせていただきました!札幌を中心に活動中!キリン組のみなさんです!

 

キリン組

(L→R)

ジョン(Ba.&面白い) マッシュ(Dr.&ポンコツ) みさき(Gt.&組長) やっすん(Vo.&○○)

 

自己紹介をお願いします!

みさき:キリン組の組長をやっております、みさきです!

やっすん:ボーカル&○○、やっすんです!

ジョン:ベース&…腹弱(笑)、ジョンです!

マッシュ:ドラム…&右肩負傷(笑)、マッシュです~

 

 何度かライブを観に行かせていただきましたが、変わった楽器を使っていたのが印象的でした!いろいろな楽器を使い始めたきっかけはありますか?

ジョン:基本的にやっすんがいろいろ持ってくるんです。灰皿とか。

やっすん:なんでだろう?

ジョン:使おう!って感じではなくて、なんか…

やっすん:あるから叩いてみたらいい音が鳴って、「ああ、じゃあこれを曲に入れちゃおうかな!」って感じ。

ジョン:わりとこう、スッとね。

 

流れで使っちゃおう!って感じなんですね。

ジョン:うん、そういう感じ。

やっすん:結構、キリン組は間隔がある曲が多くて。そのスキマっていうか、もっとそこに音があったらいいなって自然に重ねていって。

 

そこが○○の位置づけになるんですね!

やっすん:そうです!いろいろ!

 

 

その曲たちを作るにあたって、 決め事みたいなことはありますか?

みさき:作詞は特にこだわらないようにしています。僕が作ったときは。

やっすん:こだわらないとは?

みさき:「絶対ここはこうでなきゃいけない」っていう風に(やっすんに)渡さないようにしています。ただ、「こういうことは言っているような詞ですよ」ってことで渡して、「私はこの曲だとこの歌い方は気に入らない」となれば、「好きに変えてください」って言ってます。

やっすん:もらった詞を変えることは結構あります(笑)

みさき:そこでこっちが頑なにぐっとなっちゃうとあんまり良くないので。

 

メンバーみんなで作っている感じですか?

やっすん:作詞作曲はこっち(みさき、やっすん)でやって、スタジオに持って行って肉付け?

ジョン:2人が持ってきた 曲を、4人でアレンジする。特に決め事はないかなと思います。

みさき:あるとすれば、つまんねえなとか、思ったらやらない。当たり前なのかもしれないけど、意外とこれが難しくて。ここまでやっちゃったらどうにかどうにか(完成させよう)っていう気にはなったりはするんですけど、一回「うーん」ってなったら全部壊しましょうと。一回ぐしゃぐしゃにして、最初からっていう。

ジョン:それか、革命的な何かが降りてくるまで冷凍しとこうって。タッパーに入れて、奥の方にね(笑)

やっすん:冷凍保存してるのもあるね(笑)

 

ライブごとにアレンジが変わることはありますか?

みさき:ここは今回、ちょっとだけ変えてみようか!みたいなことはあります。

やっすん:それぞれのパートのソロや掛け合いが違ったり。自由に動いていいところはちゃんと決めておいて、そこが毎回違うかな~

みさき:キリン組の曲で「ヨーコ」っていう曲があるんですけど、そこのソロも掛け合いで。

ジョン:ギターとベースの掛け合いのソロがあって、あそこはもうその場で。

みさき:本当に打ち合わせなしでドンって。

ジョン:そこはね、ライブに来てみればわかるよ。「なるほど」ってなると思う。(笑)

 

キリン組の曲の中で一番お気に入りの曲はなんですか?

やっすん:「イモ虫」!ギターもアコーディオンも持ってなくて、お客さんと一番触れ合いやすくて、お気に入りの灰皿も使えて、歌詞も一番自分の言いたいことが言えてる曲。セットリスト組むときに毎回、「イモ虫」やりたい!って言ってる(笑)

ジョン:それはもう、「ねじれた休日」っていう5拍子と6拍子が混ざったりする曲。もともと変拍子が好きだし、変拍子だからといって聴きづらいわけではないし。ベース目立つし。(笑)

みさき:僕は「いいわけ」ですね。メンバーは聞き飽きたと思うけど、それぐらいずっと好きだと言い続けている曲です。曲の前半部分の詞を書いたんですが、いままで作詞していて自分の言いたいことが100%言えたことってあんまりなくて。テーマに沿って、言いたいことを歌詞にしてっていうのが自分の中で一番この曲でできたので。それをなおかつやっすんに歌ってもらうのに歌詞を言い換えて、すべて皮肉まじりにできたことですかね。聴いてもらうとわかってもらえると思いますが、とても深い詞になったと思います。

マッシュ:自分は「ミラームーン」って曲が好きですね。第一印象が自分でもびっくりしたんですけど、「ミラー」は日本語で「鏡」、「ムーン」は「月」、「鏡○(某酒)」!!!ハッ!ってなったのと、普通に曲が好きで。Bメロでテンポが上がるというか、雰囲気が変わるというか。叩いてて楽しい曲です。

 

「キリン組動画」についてお聞きしたいのですが、毎回誰が企画等をしているんですか?

みさき:僕が発信していることが多いですね。ボーカルも通して、スタッフと相談しつついろいろ話し合いながら企画を固めていって持っていくっていうのと、最近多いのが「みんなでこんなのやってみませんか」っていうのを一回メンバーのみんなに話して、メンバーで相談しながらやっていくパターンと。

ジョン:結構回数はやっているけど、それでもまだ試行錯誤はしてますね。

 

キリン組動画の配信を始めようと思ったのはなぜですか?

みさき:富士山に登りたかったんですよ。(笑)

やっすん:最初は富士山に登りたい!

みさき:楽器持って、富士山に登って、山頂でアコースティックライブがやりたい!って(笑)

ジョン:バカみたいなね(笑)

みさき:それで、日にちもスケジュールも全部組んで、登山家の知り合いにマジギレされるっていう(笑)

ジョン:ナメてんのかって(笑)

やっすん:楽器持って行けるわけねーだろ!死ぬよ!って(笑)

ジョン:それで、そうこう話し合っているうちに、富士山が世界遺産になってしまい…

やっすん:世界遺産になったから君ら登ってるんでしょってなるのが嫌で。

ジョン:ちゃうねん、そこはちゃうねんと。

やっすん:それで保留になりました(笑)

ジョン:それで、もうええわ!ってなってやめて(笑)んで、何をするかっていうところでいろいろな企画をして、バラエティ動画を上げていこうと。

やっすん:ライブ映像を上げているバンドさんはたくさんいるけど、私たちは音楽じゃないところで知ってもらって、メンバーを好きになってライブを観に来てくれたらなって。

ジョン:普段ライブハウスとかに行ったことがない人でも、俺らのキャラクターがわかってるとライブとか来やすいし。

みさき:必ずしも音楽から音楽に入っていかなくても、人格から好きになってもらって音楽っていう場に出会ってもいいじゃないかなと。

ジョン:(ライブに行く)ひとつのきっかけとしてね。それが一番大きいんじゃないかな。

 

これからキリン組動画でやってみたい企画はありますか?

やっすん:いろんなバンドさんとコラボとか!

ジョン:いろんなゲストさん呼んだり、遠征したりしたいですね。

 

最後に、みなさんにとってキリン組とは?

やっすん:「知らない人と触れ合えるツール」かな。人と触れ合える音楽ができるバンド。

マッシュ:「自分を変えたバンド」。自分が一番キリン組の中で新入りで、入る前と、入った後でまったく違う自分がいるので。考え方とかも。いままでの経験ももちろん生かされてはいますけど、キリン組に入ってからはやっぱり変わったと思います。

ジョン:言葉にするとなんだろうな…やっぱ…あの…(長すぎたので中略)…、「運命共同体」です!

みさき:キリン組は僕の中で「目標」です。ギターを始めたころに見た夢や立ちたいステージに立つことを実現できるのがこのバンドだと思っています。自分が思い描いていた「かっこいいバンド」がキリン組であり、目標です。

 

 

キリン組ライブ情報

[6月14日]苫小牧ELLCUBE

ザンギなき戦い 第4章 苫小牧編

Open17:00 Start17:30   Adv¥1500 Door¥2000(+1drink)

ACT BAZRA/シャク&リハビリーズ/river~ロマンチック代表!!!~/swim hammer fish/キリン組/B.B,JUNKIE/Little Piggies/THE ナンバーロッキンズ

[6月22日]札幌 SOUND CRUE

「Familar Voice」

Open18:00 Start18:30  Adv¥1000 Door¥1500(+1drink¥500)

ACT ぴんぴんぷるぺんぱんぱんぱん/さくらぶんちょう/Thought/キリン組/そしてスロウ/viridian code:

 

ホームページ: http://42.xmbs.jp/ZIPxGANESH/

キリン組動画: http://m.youtube.com/user/kiringumi

Twitter: vo.&○○ やっすん @0211_mugi

gt.&組長 みさき @kiringumi_0220

ba.&面白い ジョン @john_neoneet

dr.&ポンコツ マッシュ @maaash0104

スタッフ&白衣 ちゃみさん @cmksan_staff

 

キリン組のみなさんありがとうございました!

次回もお楽しみに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

North Music Diffusion – キリン組にインタビューの関連記事

ピックアップ記事

  1. 6月に全国ツアーを行い、北海道に帰ってきたばかりの藤井蛍さんにインタビューさせていただきました! …
  2. 函館港まつり 昭和10年からの歴史を数える、函館最大級のイベント「函館港まつり」は、8月1日(火)…
  3. DO IT NOW THE LAMINAZ 04 による2nd Single …
  4. Freaky Styley、キタオン4度目の登場です! 今回はボーカルの宮城さんお一人にインタ…
  5. 2017年6月10日(土)札幌で「ヒッピーズ寄席スペシャル さっぽろ落語全集第一…
  6. Last Warning / Living Dead Freaky Style…
  7. ボードゲームに勝利して、ドイツを目指せ! 2017年5月28日(日)に「カタン」日本選手権の北海道予…

最近の記事

キタオンについて

キタオンは徹底して、「北海道」にこだわった、ローカルメディアサイトです。北海道の音楽シーンから、観光、ビジネス、物産の紹介など、幅広く情報を扱っていますが、1つだけ言えるのは、あくまで北海道にこだわった情報です。

北海道内からご覧の皆様、ぜひ、地域情報の再発見をしてみてください。今まで知らなかった面白いことが沢山見つかるはずです。

北海道外からご覧の皆様、ぜひ、北海道発の様々なものに興味を持って、そして試していただければと思います。

ページ上部へ戻る