5月28日開催、目指せドイツ!カタン日本選手権北海道大会のレポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ボードゲームに勝利して、ドイツを目指せ! 2017年5月28日(日)に「カタン」日本選手権の北海道予選が、北海道札幌市のかでる2・7で行われました。約50名の参加者から、北海道大会を制したのは東京から参加した加藤さん。ファイナル東京大会へ、北海道代表として参加する事となりました。

 

カタンってどういうゲーム?

「カタン島」という架空の無人島を開拓して特典を競い合う

「カタン島」という架空の無人島を開拓して特典を競い合う

さて、初めてこの単語を目にする人は、どんな事を想像するでしょうか? 正式には「カタンの開拓者たち」というゲームで、1995年にドイツで誕生しました。このゲームは「カタン島」という無人島を参加プレイヤーで開拓していき、一番最初に目標とされた点数(10点)をとった人が勝者となるゲームです。

●遊び方を簡単に

カタンは恐らく同じ場面をプレイすることが二度と無いゲームです。というのも、プレイするマップは様々な決め方がありますが、完全なランダムとなっています。マップの組み合わせは2兆通りを越え、常に新鮮な気持ちでゲームをすることが可能となっています。

1)ダイスを振って資源を集める
各プレイヤーがサイコロを振り、出目の数字が産まれる資源となっています。資源は「木・土・麦・羊・鉄」の5種類で、出目に対応した資源の、頂点に「開拓地」もしくは「都市」を建設している人が、資源を得ます。

2)集めた資源を元に、島を発展させる
集めた資源を使い、道を作ったり、開拓地をつくったり、はたまた開拓地を都市へ発展させていきます。

3)資源が足りない時は交渉ができる
カタンはサイコロの出目によって資源を手にするだけではなく、必要な資源を交渉で手にすることができます。もちろん、めちゃくちゃな交渉は成り立ちませんので、相手にもメリットがありつつ、自分にもメリットが有るという状態になるよう交渉していきます。

4)たくさん有る、得点を得るための手段
このように建設により得点を得るだけではなく、「資源を使い、チャンスカード(発展)による得点」や、「たくさん道を建設したこと」、「不利益をもたらす盗賊をたくさん追い払ったこと」による得点を得ることもできます。

 

ボードゲームの全国大会って?

会場に集まった参加者

会場に集まった参加者

 

今回開かれたカタンの大会は、公式の大会として、優勝者は2018年にドイツで行われる世界選手権への派遣選手となる権利が与えられます。北海道をはじめ、東北、東日本から沖縄まで、全国を9ブロックに分け予選が行われ、各地区の上位入賞者24名が、ファイナル東京大会へ進み、優勝を争います。

今回の募集規模は全国で約1000名と、とても規模が大きいものとなっています。近年北海道でのカタン人気を踏まえ、予選会の開催となりました。

 

ついに熱戦の幕が上がる、北海道大会。そして、優勝の行方は?

挨拶する株式会社ジーピーの代表取締役社長 米川さん

挨拶する株式会社ジーピーの代表取締役社長 米川さん

 

約50名の参加者が会場へ集合、この規模の人数が集まるのは、北海道のボードゲーム大会としては快挙といっても良い人数です。

大会の方式は、全4回戦を行い、勝利回数の多さを競います。勝利回数が同じ場合は、獲得した勝利点を決められた方式で計算した上で、順位を決定します。

規模の大きさもさることながら、世界大会へ通じる公式戦ということもあり、各テーブルで真剣勝負が繰り広げられていきますが、遊び方にもあるよう直接顔を合わせて、同じ盤面を見ながらプレイするボードゲームということもあり、対戦後には感想を話し合ったり、ゲーム上で起きた、サイコロ出目の偏りによる悲劇を慰め合ったりなど、和気あいあいとした雰囲気で行われました。

遠方は旭川や帯広、関東からも遠征する方がいるなど、学生から還暦を過ぎた方まで、男女を問わず様々な人が集まったこの大会を制したのは、東京から参加した加藤さん。全4回戦を全て勝ちきるという強さで、北海道大会を制しました。

優勝した加藤さん(写真右)、中央は運営を担当したカジノパラダイス代表の高橋さん

優勝しコメントする加藤さん(写真右)、中央は運営を担当したカジノパラダイス代表の高橋さん

 

広がるボードゲームの輪

ゲーム終了後談笑する参加者

ゲーム終了後談笑する参加者

初対面の人同士でも、共通のゲームがあれば、すぐに交流が生まれるボードゲーム。今回のカタンによる大会を始め、北海道内でも様々な場所、人達によって様々なイベントが行われています。

今回の大会後も、参加希望者による打ち上げも行われ、ボードゲームに関する事から、仕事や趣味に関する事まで、世代や性別を超えた人達で新しいコミュニケーションが生まれていました。

ゲームとしての魅力だけではなく、顔を直接合わせる必要があるアナログゲームならではの魅力を、キタオンでも今後ともお伝えして行ければと思います。

 

参加者のコメント

★優勝した、加藤さん
「今回の大会は、ミスも特になくプレイすることが出来た。皆さん、少しスキが有った部分があり、そこを上手く突くことが出来た。北海道は涼しく過ごしやすい、ぜひまた参加したい。今回よりもっとたくさんの人に大会に来て欲しい」。

★旭川から参加した30代男性
「ボードゲームやカタンで交流を広げるために参加しました。旅行気分で楽しくワイワイ出来ればということで臨んでいました。勝つつもりで行っていたわけでは無かったので好成績を残せて嬉しい。」

★札幌から参加した20代女性
「いろいろな人とカタンを楽しみたいと思い、大会に参加しました。カタンは初心者だったのですが、皆さんの優しい対応のおかげで、とても楽しかったです。多くの人とつながる事ができるのが、ボードゲームの良いところですね。」

 

関連リンク

カタンの開拓者たち、日本語版発売元の株式会社ジーピー公式サイト

カタン 2017日本選手権情報&受付ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

キタオン 編集部

投稿者プロフィール

北海道の情報をあなたに伝えたい! キタオン編集部です。
美味しい物から面白い事まで、日々奔走しています。

この著者の最新の記事

5月28日開催、目指せドイツ!カタン日本選手権北海道大会のレポートの関連記事

ピックアップ記事

  1. 6月に全国ツアーを行い、北海道に帰ってきたばかりの藤井蛍さんにインタビューさせていただきました! …
  2. 函館港まつり 昭和10年からの歴史を数える、函館最大級のイベント「函館港まつり」は、8月1日(火)…
  3. DO IT NOW THE LAMINAZ 04 による2nd Single …
  4. Freaky Styley、キタオン4度目の登場です! 今回はボーカルの宮城さんお一人にインタ…
  5. 2017年6月10日(土)札幌で「ヒッピーズ寄席スペシャル さっぽろ落語全集第一…
  6. Last Warning / Living Dead Freaky Style…
  7. ボードゲームに勝利して、ドイツを目指せ! 2017年5月28日(日)に「カタン」日本選手権の北海道予…

最近の記事

キタオンについて

キタオンは徹底して、「北海道」にこだわった、ローカルメディアサイトです。北海道の音楽シーンから、観光、ビジネス、物産の紹介など、幅広く情報を扱っていますが、1つだけ言えるのは、あくまで北海道にこだわった情報です。

北海道内からご覧の皆様、ぜひ、地域情報の再発見をしてみてください。今まで知らなかった面白いことが沢山見つかるはずです。

北海道外からご覧の皆様、ぜひ、北海道発の様々なものに興味を持って、そして試していただければと思います。

ページ上部へ戻る