【North Music Diffusion】Multipaper

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

4月末に1stシングルCDを発売予定のMultipaperの皆さんにインタビューさせて頂きました!

 

 

Vo.&Gt. Naoyuki Sanada

Ba. Yuya Takahasi

Key. Mana Tonsho

Dr..Yukitoshi Furuie

 

 

まず、Multipaperがどのような音楽をやっているバンドなのかを教えて下さい!

 

Takahashi:…歌モノ?ポップでキャッチーと言えばキャッチーだけど、みんなそれぞれ好きな音楽が違うのでどうなんですかね、Furuieくん(笑)

Furuie:そうですね~、歌モノっていうのは正解で…主にボーカルのSanadaくんが曲をつ作っていて、時々ベースのTakahashiくんが曲を作ってくれています。結構聴きやすい曲調ではあって…それでいてボーカルがメインの曲をやっていますね。ベースのTakahashiくんが作る曲は暗かったりもするんですけど、またそこも面白い部分ではあるかなと思います。

 

Vo. Naoyuki Sanada

 

 

YouTubeの動画も拝見致しましたが、あれはまだキーボードのTonshoさんが加入する前のものですか?

 

Furuie:そうですね、一番最初の短い動画は3人の時のです。最近出したライブの映像があるんですけど、それは4人になってからのものです。

Tonsho:私が加入したのが去年の秋なんで…

Takahashi:去年の10月だったんですよ。

 

 

 

楽曲も拝聴しました。皆さんが仰っていたような「ポップ」で、どんな人でも入り込めるような聴きやすさを感じました。楽曲の制作についてこだわりはありますか?

 

Takahashi:真田さんが作ってきた曲にみんなそれぞれ好きな音楽があるから…それを上手く楽曲に取り入れているというか、溶け込ませているというか…

Furuie:めっっっちゃ良く言えばね(笑)

全員:(笑)

Takahashi:みんな本当に好きなジャンルがバラバラだから…

Tonsho:でもなんか聴いててわかる。「あ、このフレーズ、それぞれの好きなやつだな」って。演奏してる時にちょろちょろ出てる(笑)

Furuie:フレーズだったり音使いだったり、随所でそれぞれの個性が出ているなってのはあるけど、真田さんどうなの?(笑)

Takahashi:ちゃんと喋りなさい~!全部「…」になっちゃうよ!

Sanada:曲を作る時にはひとつテーマがあって、その…その…

全員:(笑)

Sanada:その気持ちとかを歌詞に当てたりはしています。

 

左:Ba. Yuya Takahashi 右:Key. Mana Tosho

 

 

バンドを結成したきっかけは何でしたか?

 

Furuie:ボーカルとベースと自分が同じ専門学校で、同じ学年で。音楽の学校だったんですけど…最初はギターボーカルのSanadaくんが「バンド組みたい」って話してて、「じゃあ、自分ドラムやるよ」って話になって。その当時は僕ら以外は別のメンバーが二人いて4人でやってたんです。それからメンバーが変わったりしていく中で突然(Takahashiが)「俺がベース弾くわ」ってね。

Takahashi:俺弾いたほうが上手いんじゃね?ってね(笑)

全員:(笑)

Furuie:それでその3人で活動してたのが…何年前だ?

Takahashi:4年前だね。

Furuie:それが学生の時で、外でライブを…月に2回とか。それで学校も卒業してあーだこーだやってるうちに、去年キーボードに加入してもらって…今に至るって感じですね。

Tonsho:この人(Takahashi)と職場が一緒だったんです。そこで誘われて。

 

左:Yukitoshi Furuie

 

 

何度か「好きな音楽のジャンルがバラバラ」と仰っていましたが…皆さんの影響を受けた音楽はなんですか?

 

Takahashi:自分はやっぱりジャズとか、フュージョンとかですね。

Sanada:僕は影響を受けたのは…うーん、きっかけはBUMP OF CHICKENです。モテると思ってやっていたので…

Furuie:え、そうなの!?(笑)

Takahashi:知らなかったわ…(笑)

Furuie:初耳だわ!

全員:(笑)

Furuie:自分はドラム始めたきっかけがね、ほら、中学生の時に当時好きだった女の子が…

Takahashi:そんなんばっかだな~!(笑)

全員:(笑)

Furuie:いや、そんなもんだって!(笑) その子が吹奏楽部でドラムやってたの。

Tonsho:あれ、パーカッション出身だったの?

Furuie:いや、俺じゃなくて好きな子がね。それで、なんか「話のネタになんねえかな」ってドラム始めたら思いのほかハマっちゃって。その当時聴いてたのは主にJ-ROCK。その中でも一番影響を受けてるのは9mm Parabellum Bulletですね。あとはELLEGARDENとか、今は聴いてないけどONE OK ROCKとかも聴いてましたね。専門学校入ってからはメンバーと出会ったっていうのもありますけど…ボーカルからback numberを教えてもらって聴いたり…つまみつまみではありますけど、色んな音楽を聴いてはいます。その中でもやっぱり日本のロックバンドが影響受けてるかなって思いますね。

Tonsho:私は彼らとはかなり遠いというか…ピアノでクラシックをずっとやっていたので、アーティストとかも本当に疎くて知らなくて…バンド経験も他のメンバーよりはるかに浅くて。クラシック上がりなので、今までクラシック勉強して蓄えたものですね。

 

 

初めてのインタビューという事で、皆さんとても緊張していました。

 

 

現在レコーディング中という皆さんですが、何曲入りのCDになる予定ですか?

 

Takahashi:…3曲ですっ…!

Furuie:なんでそんな溜めたの(笑)

Takahashi:活動5年目にしてようやくCDを作るという…思いのほかレコーディングに手間取っているんですけど(笑)429テイク目でようやく録り終わるという…

全員:(笑)

Furuie:それは嘘(笑)

 

 

5年活動してきた中でたくさんの曲が生まれたと思います。記念すべき1枚目にはどんな曲を選びましたか?

 

Takahashi:ライブでいつもやる曲じゃないかな?ライブでいつもやるってことは思い入れもあるし、「あの曲やろう」ってすぐ思い浮かぶもんね。

Furuie:結構新しめな曲が多いね。

Takahashi:4人になって出来る幅が増えたのもあるかな…鍵盤って大きいねやっぱり。

Furuie:4人になって出来るようになった曲でかつまとまっている曲を選んだかもしれないね。かつ聴きやすい。

Tonsho:確かにバラードとかやりやすくなった。Sanadaくんの声がすごくピアノに合うから…

Takahashi:確かに。

 

インタビューを進めて行くうちに、だんだん緊張もほぐれてきた様子…

 

発売予定のCDはライブ会場限定での販売ですか?

 

Furuie:今のところはそうですね。ライブでしか売る予定はないですけど、もし「売ってもいいよ」ってところがあれば…

Takahashi:今はそういうツールがないから…(笑)

 

 

ライブでのパフォーマンスで心がけていることはありますか?

 

Takahashi:俺たち派手に動かないからなあ…曲調的にもあまり動かないから、すごい難しくて今考えてる感じですね(笑)

全員:(笑)

Takahashi:ウオーって頭振るわけにもいかないしね(笑) なんか…

Furuie:ジャンル的にもね。

Takahashi:そこは今課題だよね。

Furuie:個人的には「自分が楽しめる」ように演奏するっていうのは考えてますね。観てる人もそうじゃないと楽しめないから…

Takahashi:MC下手くそだからな…

Furuie:MCね、クッソ下手くそ!(笑)

Takahashi:でも最近ちょっとウケるようになってきたよ。

Furuie:よく観てくれている人は「なんか面白いですね」って人が居てくれます。

 

 

現在も精力的に活動している皆さんですが、今後の活動での展望はありますか?

 

Takahashi:東京で一回ライブしたいよね。あとはお客さんを20人くらい…

全員:(笑)

Tonsho:数字がすごい現実的(笑)

Furuie:いやでもあれじゃない?まずはCD完成させて、しっかり販売して、色んな人に聴いてもらいたいっていうのはありますね。

Takahashi:ネットとかこんなに普及してるのに活動に全く活かせていないっていうね。

Furuie:マイペースもいいとこだよね(笑) あとは道外で活動したいですね。

 

 

最後にキタオン読者に一言お願いします!

 

Sanada:曲を聴いて落ち着いた雰囲気になってくれたらいいなとは思っていて。CDだったらCDで聴いていただければ良いですが、ライブに来て聴いて頂けたらいいなと思います。

Furuie:Multipaperはそんなに有名なバンドでは無いので、キタオンの記事を観て初めて知る方もたくさん居ると思います。YouTubeにはちょっとしか動画は上がっていませんが、そこで聴いてみたり、気になった方はライブにも是非来て欲しいです。札幌にはあまりいないジャンルのバンドだと思うので、新鮮な感じで聴いてもらえると思いますし、自分たちの音楽を直接聴ける場所なので。よろしくお願いします!

Takahashi:この記事を読んで興味を持ってくれた方は、是非ライブに来て、観て聴いて欲しいですね。ライブハウスに普段行かないような方でも、この記事をきっかけにして頂ければなと思います。

Tonsho:幅広い年齢層の方にすごく聴きやすい音楽だと思います。1曲でもちらっと聴いて頂いて、気に入ったらライブにも足を運んで頂ければ嬉しいです。ライブ情報は決まり次第ツイッターにアップしていきますので気になったらチェックしてみて下さい!

 

 

Multipaper

Twitter:@multipaper33t

Youtube:https://www.youtube.com/channel/UC0ZerUr_G3N0FT_R5gw1PVA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

【North Music Diffusion】Multipaperの関連記事

ピックアップ記事

  1. 6月に全国ツアーを行い、北海道に帰ってきたばかりの藤井蛍さんにインタビューさせていただきました! …
  2. 函館港まつり 昭和10年からの歴史を数える、函館最大級のイベント「函館港まつり」は、8月1日(火)…
  3. DO IT NOW THE LAMINAZ 04 による2nd Single …
  4. Freaky Styley、キタオン4度目の登場です! 今回はボーカルの宮城さんお一人にインタ…
  5. 2017年6月10日(土)札幌で「ヒッピーズ寄席スペシャル さっぽろ落語全集第一…
  6. Last Warning / Living Dead Freaky Style…
  7. ボードゲームに勝利して、ドイツを目指せ! 2017年5月28日(日)に「カタン」日本選手権の北海道予…

最近の記事

キタオンについて

キタオンは徹底して、「北海道」にこだわった、ローカルメディアサイトです。北海道の音楽シーンから、観光、ビジネス、物産の紹介など、幅広く情報を扱っていますが、1つだけ言えるのは、あくまで北海道にこだわった情報です。

北海道内からご覧の皆様、ぜひ、地域情報の再発見をしてみてください。今まで知らなかった面白いことが沢山見つかるはずです。

北海道外からご覧の皆様、ぜひ、北海道発の様々なものに興味を持って、そして試していただければと思います。

ページ上部へ戻る