思ったより涼しい夏が思ったより熱くなる の巻

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

気づけばすっかりですね。

涼しめの夏スタートで、涼しいまなざしをして過ごしています。

燃えるような暑さが割と苦にならないのでときに真っ黒になってしまうこともある珍しい音楽系の人間ですが、こうしてちょうどいい気温というのも悪くないと初めて思いました。愛の伝道者ではありません。夏限定バンドの人でもありません。黒くなるのは意に反するのですが、太陽さんと話しているうちにいつの間にか夏の火傷をしてしまっているんです。夏休み明けに黒くなりすぎて笑いまで取れた年もあります。身体張って笑いをとりに行ったわけではまったくないのですが、結果そうなってしまい、日サロ(日焼けサロン)系の男と仲良くなったときもありました。しかし僕の方が黒い‥マシンより本物の日差しの方がより強烈だということがよくわかりました。でもあれですね、黒いとなんか中身も黒く見えるみたいで普段の自分の灰色の魂がかえってドス黒くなってしまったかのような錯覚に陥るのですよ(錯覚じゃないって?)、そうやって僕は色白の人に憧れますしかし学校で一番仲良かった人は完全に地黒のかっこいい系で、自分の持ってないものを持ってる人ってのはやはりすばらしい。大人になってからの話です。

 

さて自分のバンド、月蒼く輝くですが、7/2、7/3と岩見沢まで行ってきました。7/2はサウンドチェックの為に張り切ってメンバー全員で出かけ、張り切りすぎた為に一番乗りしてしまい、順序を変更して一番最初に音だしすることになったり(笑)雨降りしきる中で不安を覚えながらリハーサル。何しろあの大雨予報の中ですからね、とんでもない。晴れ男伝説もついに終焉を迎えるかと思われた次の日当日、あっさり天気予報も晴れに鞍替え。逆境には強い自分だが順境には強くない自分が顔を出しライブは自分だけ無事死亡の感が漂いました。

というか、直前にキー変えるから!!鍵盤は白と黒への指の配置が入れ替わったりして結構大変なんですよ、、得意のフレーズが半音上がっただけで一転して不得手になったり、、まあプロの方も言ってるので「※個人の感想です」では無いかと思うけど(笑)

自分の中では大変がんばりましたでしょうなのだけど、結果はもっとがんばりま賞でしたね。男Vo.(自分)→女Vo.に変える作業は今後もしばらく続きそう。

いい勉強

もっとも楽しかったのは行き帰りの車内で僕はダンスマンの「1ボックスのオーナー」の如く運転に専念していた(何しろメンバーが俺以外運転不可)んだけど、後ろで展開する話が面白くて会話にムリくり割って入っていたら、間違って札幌ではなく江別で降りてしまった高速IC。いいんだ別に、また入るから。カーナビだいたい間違うかな。かかる料金かかるバラード、測る気持ちの距離とスピード。

 

あ、ちょっとここで大事なお知らせ。今まで当ブログで、鑑賞したいろいろなバンドのことを書いてきましたが今後は少し控えようと考えています。自分がやっとバンド活動できるようになったので、今後の他バンドへの感想が別な意味合いを帯びて捉えられる可能性が出てくるからです。あまり慣れ合いも自分の為にならないし、すべてのバンドを楽屋に出たり入ったりの状態で聴くことが困難になったので、公平性の観点からも自粛。あとそれとはまったく逆の方向性もあって、自分が中の人間として主体的に関わる以上は、或る意味公平になりきれないのも仕方が無いかという側面もあり。

媚びやなれ合いではなく、純粋に親しみを込めて書けることはこれからも書きますね。この自分に「親しみ」という言葉が遠く感じられるところが危ういですが‥期待を込めて言ってるということで(笑)

あとプロのライヴは今まで通り、率直な感想を述べようかと。まあ好きなものしか基本観ないし。

 

本番以外では楽屋で一言二言挨拶したり、タバコ吸わないけどタバコ吸うのに付き合って話すと楽しかったり、、とそんな感じですよ。

そのうちバンドの打ち上げとからあると久々過ぎて緊張しそうだけど(笑)だいたいメンバーとさえまだ飲みに行って無い(笑)

 

そして今年は社会運は全く無いけど、プライヴェート運は落ちが付いたもののかなり好調。天は二物を与えず。しかしながら、全く逆の年もあったので、どちらかというと断然今の方が楽しい。やっぱりまず土台や基本が大事だということでしょう。多くを望まなければ人生は幸せです。そして多少のbad accidentをいちいちやり玉に挙げない心の広さも持ち合わせたいもの。自分の代役など世の中にいくらでもいるわけですが、自分の思考回路の代わりはどこにもいない。だから思いや考えは大切にしなくてはいけないなと。

 

月蒼く輝く の次回(3回目)のライヴは7/30@サッポロシティジャズ PARK JAZZ部門です。場所は初めての円山動物園!!しかも夜!

19:10~30分弱のステージになります。ライヴ自体は無料ですが、おそらく園内にあるステージに入場するまで料金がかかるかどうかは僕も知りません。園内は繋がってるよなーでも夜の動物園って毎年無料イベントだったような気も‥??

北大祭、サウンドエアー2016、円山動物園と初回から3回連続で全部野外って、自分の中では初めての活動歴なんですけど(笑)夏祭り系のイヴェントにはこれからも出演したいなと!

 

そして13年ぶりにライヴハウスにてライヴを行うHellAmigo.asiro!!こちらは僕の札幌キーボード人生の原点となるバンド。九州、関西、小樽、札幌と見事にバラバラになったメンバーが、久しぶりに札幌に集まり2日の練習のみでライヴをやってしまおう!という同窓会企画です。しかしただ懐メロをやりたくないというメンバーの強い希望、現有曲をすべてリアレンジしてお贈りする予定です。2日でそんなことできるのか、それはわからない(笑)でもLINEでひっきりなしに打ち合わせ、音源貼付など現代のユビキタス(死語)よろしく寝て起きたら未読253とか自分もあって既に活動は始まっている状態。メンバーを何とか呼び集めようと頑張ってくれたサヤ姉さんに感謝。ハコは昔と同じ、SOUND CRUEになります。

料金は予約2000円、当日2500円(+1drink order 500円)、時間は19時くらいからの出演になります!

 

以上気になった方は僕自身のTwitter @koeru_keyまでよろしくお願いします!(両バンドとも、ホームページはまだ存在しません)

あ、もうそろそろ8月の予定も決めないと‥

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

思ったより涼しい夏が思ったより熱くなる の巻の関連記事

ピックアップ記事

  1. 6月に全国ツアーを行い、北海道に帰ってきたばかりの藤井蛍さんにインタビューさせていただきました! …
  2. 函館港まつり 昭和10年からの歴史を数える、函館最大級のイベント「函館港まつり」は、8月1日(火)…
  3. DO IT NOW THE LAMINAZ 04 による2nd Single …
  4. Freaky Styley、キタオン4度目の登場です! 今回はボーカルの宮城さんお一人にインタ…
  5. 2017年6月10日(土)札幌で「ヒッピーズ寄席スペシャル さっぽろ落語全集第一…
  6. Last Warning / Living Dead Freaky Style…
  7. ボードゲームに勝利して、ドイツを目指せ! 2017年5月28日(日)に「カタン」日本選手権の北海道予…

最近の記事

キタオンについて

キタオンは徹底して、「北海道」にこだわった、ローカルメディアサイトです。北海道の音楽シーンから、観光、ビジネス、物産の紹介など、幅広く情報を扱っていますが、1つだけ言えるのは、あくまで北海道にこだわった情報です。

北海道内からご覧の皆様、ぜひ、地域情報の再発見をしてみてください。今まで知らなかった面白いことが沢山見つかるはずです。

北海道外からご覧の皆様、ぜひ、北海道発の様々なものに興味を持って、そして試していただければと思います。

ほっかいDOバザール新着商品

  • No items.
  • ページ上部へ戻る