THE BEST -indigo jam unit-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

僕がindigo jam unitを初めて聴いたのは2008年頃だったと想う。自分のブログをたどってみても正確なことはわからなかったのだが、確か当時出ていたJazzFunkのコンピ盤を弟から借りて「どの曲がいい?」なんてやり取りをしていたときだったと。そのCDの途中に入っていた[PALLETE]という曲がひっかかった。当時、OLDなfaunkモノはちょっと聴き飽きていたので、スタイリッシュなファンクないかなーと探していたときにこの出会いは大きかった。他の多くのバンドが管楽器をフィーチャーすることによって派手さを主張していたのに対し、彼らは純粋に4つの楽器だけで攻めてきた。トランペットやフリューゲルホルン以外の管がバンドにいるのが個人的にあまり好きじゃなかったので、ピアノのクールなサウンドは僕にぴったりだった。早速アルバムを購入しヘビロテ→liveへと繰り出すわけである。

ちなみに同じコンピに吉澤さんのSLEEPWAKERやSOIL,quaismode,Re-Trickなんかが入っていたような記憶がある。JazzFunkがばーっと流行りだして、新しい波が来るワクワク感みたいなものに包まれていた、そんな時だ。

Delights of the Garden

indigo jam unit(以下indigo)が他のバンドと決定的に違っていたこと。それは上記のようにfunkだが管がいないメンバー構成で構成員も4人と少なく、しかしパーカッションがときにダブルドラムとしても機能するビートに特化したバンドだったことだ。曲もフロアで鳴らすことを徹底的に意識していて、基本はループを発展させていく形をとり、(ジャズ且つカバー全盛期に)全曲オリジナルである。コンピにも入っている他の多くのバンドは新しいジャンル名を冠しているものの、よく聴くとトラディショナルな手法を踏襲しているのに対し、indigoは確実に「個性」を備えたバンドだった。そして誰にもわかりやすいメロディーの美しさを持っていた。お世辞ではなく本当に多彩なビートを生み出すドラム、ファンクを縦ベースで弾き、その上にピアノ(音色はピアノ以外は無い!これは侍的美意識か笑)のノスタルジックな旋律。この手法を今年で10枚目を出した10年間、変えたことはない。後にRising Sun Rock fes.にも出場し、ロックファンも開拓していくことになる。

インディゴ地平線幸せが溢れたら(初回限定盤)

今回のみ、友達のうどんさんから中古半額で買ってしまったが、去年までは全部新品を購入していた。初回限定のグッズや、ライヴ参加時にサインしてもらったCDなど結構持っている。携帯にもサインしてもらったことがあり、ちょっと羨ましがられたものだ笑

そうそう、メンバー1人につき5分~10分喋ったりもしたなー。ベースさんは意外にあまりしゃべらないんだけど、わっさん(パーカス)とかシミーさん(ドラム)はまるで友だちかのようにお話していただいてとても腰の低い方々です。タルエさん(ピアノ)は落ち着いていてすごくいいオトナです笑

2×2~two by two~

全25曲。

-DEMONSTRATION

・KAIKA

・PALLETE

・THE EMPTY SCREEN

・HOPES OF YESTERDAY*

一言:出会いはここから。アートの域に昇華したKAIKA。究極の美メロEMPTY~。*の生ドラムンベース圧巻

-2×2

・sakura

・car chase

・alert

一言:和的美から始まり、まさに都会の夜。かっこいいの言葉、ただそれだけ。

-REALism

・Matador

・Buffalo

・Tsui so

一言:liveでのド定番満載。熱い。

-Pirates

・Rumble

・Himawari

・Time

一言:バラードのメロディーが際立つ一枚。昼下がりに聴きたい。

-Collectivity

・Masquerqde

・Rush

・Terminal

一言:サンセット。ビター強めで大人っぽい。Rush無しではお家に帰れない。

-Roots

・Roots

・Voyager

・Rain Man

・La Tomatina

live向きの曲多い。indigoの第二のスタンダード?

-INDEPENDENT

・Sepia

初めて方向性に迷いが感じられた移行期のアルバム。

-REBEL

・BELIEF

ふっきれたアルバム。

-Milestone

・Milestone

・Watercolor

シミーさんのドラムが躍動。

-indigo jam unit

・Steps

10周年。まだあまり聴いていない中で1曲チョイス。

 

名曲の数々。全体的にバラードは良い曲多いです。

今回はオリジナルアルバムのみだったけど、彼らは他にもカバーアルバムやソロ、セッション・コラボアルバムも出していて、そこではピアノ音色以外の音色も聴けます。黒人女性Vo.のピンクアルバムとかめちゃくちゃよいです。タルエさんのソロもハマりました。

Rain Man’s Story - Tale of Two

ちなみに今年のlive in 北海道はこうなっております。HPからの抜粋です。

■“indigo jam unit” release tour 2015

2月14日(土) 倶知安Be.
2月15日(日) 旭川CASINO★DRIVE
2月18日(水) 札幌 Sound Lab mole
2月20日(金) 帯広ランチョ・エルパソ
2月21日(土) 釧路パステルビル
2月22日(日) 斜里町ゆめホール知床

ホームページ:http://www.basisrecords.com/indigo/index.php

毎年日付もほぼ固定されているようで、札幌はいつも2/17-18なんだよな、たしか。

2/17は上記に無いけど過去曲だけをやるRewind Liveをmoleでやるんですよ。

こんな真冬によりによって北海道周るの大変じゃないですか?笑

現に昔倶知安Be.(これを言わないと話が意味わからなくなるので敢えて言うけど、けして大きいハコではない)で観た時、本人方は吹雪く外で待機してましたよ‥その、何というかとても寒そうでした。

今回はないけど川湯温泉でやったときは行ってみたかったな‥Jazzと温泉、めっちゃ相性良いじゃないですかーーー

 

今後の展開への期待。今回の記事の為にざっと1枚目から聴きおなしてみて想ったこと‥だんだんメロディーが削ぎ落とされ1ループ素材重視になってきているような気が。大人だしバンドも10年もやればありのままの姿みせるのでしょう。特にindigoは骨格自体が骨太なのでそれでも強いのは変わりないんですが‥初期の頃のようにオシャレ感漂うライトな面も(再び)見せてほしいな‥と。元々そこにも大きな魅力があったのだから。

自分が一番好きなのは初めて買った2枚目、凄みを感じるのは1枚目、もっとも馴染みやすい3枚目、渋さが光る5枚目などなど‥自分はやはり初期ファンなのですかね、、バンドにとってはやっかいなお客さんなのでしょうが苦笑

indigo jam unit

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

THE BEST -indigo jam unit-の関連記事

ピックアップ記事

  1. 6月に全国ツアーを行い、北海道に帰ってきたばかりの藤井蛍さんにインタビューさせていただきました! …
  2. 函館港まつり 昭和10年からの歴史を数える、函館最大級のイベント「函館港まつり」は、8月1日(火)…
  3. DO IT NOW THE LAMINAZ 04 による2nd Single …
  4. Freaky Styley、キタオン4度目の登場です! 今回はボーカルの宮城さんお一人にインタ…
  5. 2017年6月10日(土)札幌で「ヒッピーズ寄席スペシャル さっぽろ落語全集第一…
  6. Last Warning / Living Dead Freaky Style…
  7. ボードゲームに勝利して、ドイツを目指せ! 2017年5月28日(日)に「カタン」日本選手権の北海道予…

最近の記事

キタオンについて

キタオンは徹底して、「北海道」にこだわった、ローカルメディアサイトです。北海道の音楽シーンから、観光、ビジネス、物産の紹介など、幅広く情報を扱っていますが、1つだけ言えるのは、あくまで北海道にこだわった情報です。

北海道内からご覧の皆様、ぜひ、地域情報の再発見をしてみてください。今まで知らなかった面白いことが沢山見つかるはずです。

北海道外からご覧の皆様、ぜひ、北海道発の様々なものに興味を持って、そして試していただければと思います。

ほっかいDOバザール新着商品

  • No items.
  • ページ上部へ戻る