「雨ときどき、今夜コムロ。マークと鈴木亜美はみたよ」の巻

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

何事もさらさらっとこなしたい

文句言わずにやり遂げたい

でも身体がついてこない

 

どうもコエルです。

みなさんお元気ですか。僕は元です。

元気の「気」がないです。気が抜けてるんです。

 

でも本当はこの冗句みたいな文は友達の発明です。

というかスタッ●細胞のような偶然の産物ですが。

当時小学生の友達の手紙にそう書いてあったんです。yes yes,「気」を書き忘れただけ。

なんだかものすごくツボにはまりまして、こうして未だに忘れられない。そんなことってあるよね。

今こうして文を書いていて、アドリヴでばっと合っちゃった、みたいな感じです。

 

スタップといえば、ツイッターのフォロワーさんで、中学生?くらいの子が定期で

 

「びーばっぱぱらっぱぽぅ」

 

と呟いているんですけど‥なんでスキャットマンジョンなんて知ってるんですか?

不思議で仕方ないです。

「スキャッタびりるびーなびりるびーなびりるぼぼぼー」

スタップとはあんま関係ないですね。

 

スキャットマンといえばカトチャンのスキャットマンというのがありました。

[amazonjs asin=”B00005EK8S” locale=”JP” title=”加トチャンのスキャットマン”]

今ネットで話題沸騰中のアヤナの金づるっすよ。

かつてこんな元気なときがあったなんて信じられませんね。

「あいまチャーマーン(音符)」てな調子です。

もちろんスキャットしたいんだけどできないーみたいな感じでかとちゃんの日常が歌われています。

大して売れなかったようです。僕は借りましたけどね、わざわざ。

 

本題に戻ります。

最近、西島秀俊がかっこよすぎて困ってます。

ホホホ‥ではありません。俺もあんな感じになりたいです。

一緒に出てるマキヨーコ(オノヨーコ風味)のダルイ顔もすごいですね、好きです。

けだるさに安らぎを感じます。陽だまりのようなほわっとした人も好きですけど、多くのネガを見てそれでもstood stillしているようなそんな存在感と優しさもいいなと思います。まあこれは偶像に対して自分の願望を言語化しているだけなんですが。くだらなかったかね。いつもくだらないね。

本題に戻れませんでした。

 

けだるいといえばGrapevineですが。そうでもない?

久しぶりにlive映像を観て、久しぶりに「光について」なんぞを聴けた喜び。

僕の好きな曲をつらつらと挙げてみようかなっと。

 

・reverb

・スロウ

・僕らなら

・アナザースカイ

・ママ

・100cc

・坂の途中

・遠くの君へ

・指先

・光について

・darin’ from hell

・風待ち

・望みの彼方

 

彼らの確固たる世界観やこれ如何に。

最近もトーンは下がったが深みを増した渋さ、これ如何に。

バンド活動やってて、プロのすごさみたいなものを技術で見せてくれる方々ももちろんすごいのですがね、

作品に対する掘り下げ方が深くなっていくことはレアな現象のような気がして‥

たぶんやればやるほど商売のこと考えずにはいられなくなるからかしらね。

キャッチーはキャッチーで良いんだけれども、同時に深まっていくところを見せてくれるバンドというか人がいいなと想います。

[amazonjs asin=”B00BJDFKI4″ locale=”JP” title=”愚かな者の語ること 通常盤”]

 

そんで、他人のことばっか言ってられんということで、最近はロックだのジャズだのファンクだのにとらわれずにいろいろ聴いてみてるよ。

いいバンドがすごく多いね。どのバンド観ても上手いし工夫してると想う。

お気に入りはSchool Food Punishment,Enter Shikari,the Bawdies,kotoringo,Esperanzaなどなど。

つまみ喰い。コンプしようという意図はさらさら無い。

まああれでしょ、今って動画でタダ喰いして終わりだしー(棒) それよりマシでしょう。

 

ちなみに最近買って衝撃受けたのはFlying Lotusの[you’re dead]。

[amazonjs asin=”B00MXYL9G0″ locale=”JP” title=”You’re Dead! 輸入盤CD (WARPCD256)_005″]

カオスカオスカオスぅー

僕はこういうのを「コラージュ・ミュージック」って呼んじゃってるんだけど、大名盤でいうところのビチェズブ●●のような。

(しかしこの名詞を出すとすごくめんどくさい論客がきそうでコソコソするよ、俺)で、うん、でもビチェとも違うわ。DJっぽいのかな、切り口がね。

どばーっとレコードを床下に乱雑にバラけさせてさ、それを左ー右ー左ーミギーは寄生獣だよってかけてるような感じもすると想うの。

 

そういえば寄生獣って映画来年だよね??楽しみなんだよね。顔パカって割れちゃって、めっちゃ人喰いなのに哲学的なところもあるのね、

それもゴタク並べてる感じじゃなくて、実体験に基づいているかのような現実味があるのよすごく。

最近だとなんだろ?マドカマギカとか新劇の巨人あたりと共通点があるよね。

 

 

‥読んだこと無いけど。

 

PS 新喜劇のオール巨人阪神みたいな変換ミスしちゃったけど面白いからそのまま残しておくよ!

[amazonjs asin=”4534050720″ locale=”JP” title=”「それ、根拠あるの?」と言わせない データ・統計分析ができる本”]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「雨ときどき、今夜コムロ。マークと鈴木亜美はみたよ」の巻の関連記事

ピックアップ記事

  1. 6月に全国ツアーを行い、北海道に帰ってきたばかりの藤井蛍さんにインタビューさせていただきました! …
  2. 函館港まつり 昭和10年からの歴史を数える、函館最大級のイベント「函館港まつり」は、8月1日(火)…
  3. DO IT NOW THE LAMINAZ 04 による2nd Single …
  4. Freaky Styley、キタオン4度目の登場です! 今回はボーカルの宮城さんお一人にインタ…
  5. 2017年6月10日(土)札幌で「ヒッピーズ寄席スペシャル さっぽろ落語全集第一…
  6. Last Warning / Living Dead Freaky Style…
  7. ボードゲームに勝利して、ドイツを目指せ! 2017年5月28日(日)に「カタン」日本選手権の北海道予…

最近の記事

キタオンについて

キタオンは徹底して、「北海道」にこだわった、ローカルメディアサイトです。北海道の音楽シーンから、観光、ビジネス、物産の紹介など、幅広く情報を扱っていますが、1つだけ言えるのは、あくまで北海道にこだわった情報です。

北海道内からご覧の皆様、ぜひ、地域情報の再発見をしてみてください。今まで知らなかった面白いことが沢山見つかるはずです。

北海道外からご覧の皆様、ぜひ、北海道発の様々なものに興味を持って、そして試していただければと思います。

ページ上部へ戻る